湘南の星空

~ 湘南から星のある風景を ~

雨にも負けず

皆さんこんばんは。

今回アップするのは、前回のM45よりも前に撮った写真になります。

9月にSIGMA135mmで北アメリカ~サドル付近を撮っており、その時の写りが思いのほか良かったので、周辺をモザイク撮影したいと思っていました。その後はなかなか晴れずにいましたが、11月19日に房総へ遠征することができました。よく一緒に行くtohikeさんも一緒です。

日没直後は良い天気。セッティングを終えて撮影開始。撮り始めても今年なかなかお目にかかれないような快晴でした。
白鳥は天頂から西に傾き始め、西側の光害との戦いになることが判っていたため、早く撮り終えたかったのですが・・・。

やはり雲が沸き始めました。
またかよ ┐(´д`)┌

雲が通過しながらもなんとか撮っていたのですが、北の方からウェ~~~イブがかかった絶望的な雲がどんぶらこ~どんぶらこ~。一時撮影中止です。
ガイド星をロストしてもかまわないやと、オートガイドはそのままにtohikeさんとコーヒータイム。しばらくくつろいでいるとtohikeさんが

「あっ、雨」

なんですとー!!! 慌てて機材の上に着ていた防寒具をかぶせて雨をしのぎました。撮影途中で降られるなんて初めてです。

小雨ですみましたが、雨が上がるころには白鳥座はすっかり西の空に。光害の直撃を食らったS/N低い画像になってしまいました。

☆ 雨にも負けず
白鳥モザイク_ブログ
今回撮った網状付近と前回撮った北アメリカ~サドル付近をモザイクしました。S/Nがかなり異なり、合わせるのが難しかったですが、小技を駆使して一応見られる絵にはなりました。赤いのがうねうねして面白いです。


それにしても、今年の天気は変です。

【撮影データ】
■撮影日 / 撮影場所 / 気温
 2017年9月24日 / 須走口駐車場 / 5~7℃
 2017年11月19日 / 大多喜町 / 4℃
■カメラ / レンズ
 Nikon D810A / SIGMA 135mm F1.8 DG Art (f4.0)
■ISO / 露光時間
 3200 / 120s×30枚(2017年9月24日)
 3200 / 180s×25枚(2017年11月19日)
■ 赤道儀
 スカイメモRS(ノータッチガイド:2017年9月24日)
 スカイメモRS(M-GENオートガイド:2017年11月19日)
■SW
 RAP2(ダーク、フラット処理)
 CCDStack2(コンポジット処理)
 PixInsight(現像処理)
 Photoshop CC(色調調整、コントラスト調整等)

               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。

天体写真 | コメント:8 | トラックバック:0 |

やっぱり撮影は楽しい。

皆さんこんばんは。

先週の金曜の夜に、久しぶりに満天の星空を堪能することができました。遠征で一晩晴れたのはいつ以来だろう?
およそ1年ぶりに荒木根に出かけました。カーナビを持っていないため、記憶だけを頼りに何とかたどり着くことができました(一度は入り口を通り過ぎました)。
この時期としてはそれほど寒くもなく、一時的に風が強い時間帯もありましたが通して風も穏やかで、おまけに湿度も低く一晩安定してたっぷりと撮影することができました。30分位かなぁ。雲の襲来を受けたのは。
金曜の夜だというのに撮影地は10台くらいの車が並んだでしょうか。思い思いに撮られていたようです。撮影地で知合った方々や友人も集まり、とても楽しいひと時を過ごすことができました。星撮りは良いですね。

☆ すばる
20171124_M45A
月が沈んで最初に撮ったのがM45です。SIGMA135mmで撮り、周りの分子雲も炙りだしました。オートガイドで2時間の露光をかけられた効果は大きいです。
写真は上が北になるのですが、M45の北側の分子雲がうっすらと青くなっています。おそらくM45の光を反射しているのでしょう。

【撮影データ】
■撮影日 / 撮影場所 / 気温
 2017年11月24日 / 荒木根ダム(千葉県いすみ市) / 7℃→6℃
■カメラ / レンズ
 Nikon D810A / SIGMA 135mm F1.8 DG Art (f4.0)
■ISO / 露光時間
 3200 / 180s×40枚
■ 赤道儀
 スカイメモRS+MGEN
■SW
 RAP2(ダーク、フラット処理)
 CCDStack2(コンポジット処理)
 PixInsight(現像処理)
 FlatAide Pro(フラット処理)
 Photoshop CC(色調調整、コントラスト調整等)


               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。
天体写真 | コメント:6 | トラックバック:0 |

勾玉星雲

皆さんこんばんは。

前回SIGMA135mmでのぎょしゃ座南部をアップしましたが、その中の勾玉星雲をアップします。

☆ 勾玉星雲(IC405)
20171023_勾玉星雲ブログ
全体的に左寄りになってしまいました。ちょっと恥ずかしい(笑)。南北に延びる散光星雲がどこまで横に広がっているか撮影時によく判らなかったため、右側の余裕を持たせてしまいました。それでも南北にカメラを合わせると700mmフルサイズでちょうど良い大きさです。
今回はちょっと派手目に仕上げています。微光星を抑える処理はしていませんので賑やかです。勾玉の青い色もきれいに出せたかと思います。この青い星雲、勾玉のポイントですよねー。
撮影日は雲が時々流れる空で、雲の切れ間を狙って撮りましたが、若干露光が足りずノイズが多めになりました(ノイズ処理はしています。)。この後欲を出してウルトラの星を撮ろうとしたら、3枚くらい撮ったところで曇られて撤収。あのまま勾玉を続けておけば良かったと今更後悔。やはり浮気はいけませんねぇ。

20171023_勾玉星雲ブログA
この星雲を輝かせているのは、ぎょしゃ座AE星と言う6等星の星らしいです。固有運動から推測するとオリオン座のベルトあたりからぶっ飛んできた星で、主系列星になる前のやや不安定な変光星です。スペクトル型はO型の青く重い星です。星1個がこのように星雲を美しく輝かせるなんてすごいですね。


【撮影データ】
■撮影日 / 撮影場所 / 気温
 2017年10月 / 千葉県大多喜町 / 10℃
■カメラ / レンズ
 Nikon D810A / FS128+REDUCER(焦点距離:700mm)
■ISO / 露光時間
 3200 / 300s×26枚
■ 赤道儀
 初代アトラクス+M-GEN
■SW
 RAP2(ダーク、フラット処理)
 CCDStack2(コンポジット処理)
 PixInsight(現像処理)
 Photoshop CC(色調調整、コントラスト調整等)
■その他
 ディザリング

               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。

天体写真 | コメント:6 | トラックバック:0 |

ぎょしゃ座南部の赤いやつ

皆さんこんばんは。

週末毎にやってくる台風にはホント困りますね。せっかくの新月期の夜に出撃できないなんて。
とは言いつつも無理に遠征して撮ってもいます(笑)。前々から撮りたかったぎょしゃ座の散光星雲やレムナントです。SIGMA135mmという最強の武器を手に狙いを定めました。

☆ ぎょしゃ座南部
20171023_ぎょしゃ南部ブログ1
勾玉星雲を右上に、左下にレムナントを配置しました。135mmでちょうど良い位置になりました。

今回はISO1600、F2.8で撮っています。今まではISO3200、F4.0でしたが、ダイナミックレンジを稼ぐためにISOを下げ絞りを開けています。これがちょっとびっくりで、等倍にしないと判り難いのですが周辺部でサジタルコマフレアが発生! さらに色収差も若干でてしまいました。F4.0で撮った方が無難なようです。

またこの撮影ではスカイメモRS+MGENの本格稼働を開始しました。最初、MGENから信号は行っているのに赤道儀のモータが反応せずうまく動きませんでした。しかし、MGSNをぶら下げずに机の上に置いたらきちんと動作しました(;・∀・)?。その後は問題なくガイドエラー無しで撮影できました。
オートガイドもうまくいったので、今後F4.0に戻す際には露光時間を延ばすことも可能ですが、撮影枚数も稼ぎたいのでISOを上げる方に行きそうな感じです。

しかしレムナントはホント淡いですね。玉砕しました。

☆ ぎょしゃ座南部(カタログ入り)
20171023_ぎょしゃ南部ブログ2
この辺りを撮ったのは、今後FS128でM36~M38を撮る際の構図決めのためもあります。前回のM52のように周辺に散光星雲があるなら一緒に撮っちゃおうと。これを見るとM38がなかなか面白そうです。
そうそう、勾玉に気を取られたら、M37を画面端でぶった切ってしまいました(笑)。

【撮影データ】
■撮影日 / 撮影場所 / 気温
 2017年10月 / 千葉県大多喜町 / 10℃
■カメラ / レンズ
 Nikon D810A / SIGMA 135mm F1.8 DG Art (f2.8)
■ISO / 露光時間
 1600 / 180s×43枚
■ 赤道儀
 スカイメモRS+MGEN
■SW
 RAP2(ダーク、フラット処理)
 CCDStack2(コンポジット処理)
 PixInsight(現像処理)
 Photoshop CC(色調調整、コントラスト調整等)


               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。

天体写真 | コメント:6 | トラックバック:0 |

M52 NGC7635付近

皆さんこんばんは。

台風21号が日本に接近中です。今回ばかりは関東圏を明け方に直撃しそうで心配です。台風が来るたびに被害の報道がなされますが、最小限の被害で済んでほしいものです。

先月撮影したカシオペア座にあるM52とNGC7635付近です。丁寧に処理をしたので時間がかかってしまいました。

☆ M52 NGC7635付近
20170924_M52_NGC7635
写真は上が北になります。
この辺りは散光星雲が多いので、どのように切り取るか悩んでしまいます。撮影機材は700mmとそこそこ大きいので、散らばる散光星雲を全体的に撮るには画角が狭すぎ。向きを横向きにするか悩みましたが、オーソドックスに南北を縦にしました。
欲張れば右下のsh2-157(クワガタ星雲)が入りますが、そうするとM52が隅に位置してしまうので、あまり欲張らずにM52とNGC7635を中心にしました。
NGC7635(バブル星雲)のバブルの輝度が高くなり過ぎないように注意しながら処理しています。バブルの様子がわかるかと思いますが、ホントちっちゃいですねぇ。これを解像度高く長い焦点距離で撮ろうにも、シンチレーションの影響を受けそうで、なかなか難しそうです。

【撮影データ】
■撮影日 / 撮影場所 / 気温
 2017年9月24日 / 須走口駐車場 / 4~6℃
■カメラ / レンズ
 Nikon D810A / FS128+REDUCER(焦点距離:700mm)
■ISO / 露光時間
 3200 / 300s×30枚
■ 赤道儀
 初代アトラクス+M-GEN
■SW
 RAP2(ダーク、フラット処理)
 CCDStack2(コンポジット処理)
 PixInsight(現像処理)
 Photoshop CC(色調調整、コントラスト調整等)


               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。


天体写真 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>