湘南の星空

~ 湘南から星のある風景を ~

やっぱり撮影は楽しい。

皆さんこんばんは。

先週の金曜の夜に、久しぶりに満天の星空を堪能することができました。遠征で一晩晴れたのはいつ以来だろう?
およそ1年ぶりに荒木根に出かけました。カーナビを持っていないため、記憶だけを頼りに何とかたどり着くことができました(一度は入り口を通り過ぎました)。
この時期としてはそれほど寒くもなく、一時的に風が強い時間帯もありましたが通して風も穏やかで、おまけに湿度も低く一晩安定してたっぷりと撮影することができました。30分位かなぁ。雲の襲来を受けたのは。
金曜の夜だというのに撮影地は10台くらいの車が並んだでしょうか。思い思いに撮られていたようです。撮影地で知合った方々や友人も集まり、とても楽しいひと時を過ごすことができました。星撮りは良いですね。

☆ すばる
20171124_M45A
月が沈んで最初に撮ったのがM45です。SIGMA135mmで撮り、周りの分子雲も炙りだしました。オートガイドで2時間の露光をかけられた効果は大きいです。
写真は上が北になるのですが、M45の北側の分子雲がうっすらと青くなっています。おそらくM45の光を反射しているのでしょう。

【撮影データ】
■撮影日 / 撮影場所 / 気温
 2017年11月24日 / 荒木根ダム(千葉県いすみ市) / 7℃→6℃
■カメラ / レンズ
 Nikon D810A / SIGMA 135mm F1.8 DG Art (f4.0)
■ISO / 露光時間
 3200 / 180s×40枚
■ 赤道儀
 スカイメモRS+MGEN
■SW
 RAP2(ダーク、フラット処理)
 CCDStack2(コンポジット処理)
 PixInsight(現像処理)
 FlatAide Pro(フラット処理)
 Photoshop CC(色調調整、コントラスト調整等)


               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。
天体写真 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<雨にも負けず | ホーム | 勾玉星雲>>

コメント

いとうさん、おはようございます。

スバル、、、、周辺も自然な感じでいいですね。
私はつい強調しすぎて、、♪
24日は天城高原にいきましたが、晴れているのですが物凄い風が終夜吹いてました。荒木根は暫しは除いてよかったようですね。
2017-11-27 Mon 07:22 | URL | yocchan [ 編集 ]
yocchanさんこんばんは。

昴の周辺はのモクモクは控えめに炙っています。まだ技術が無く、強烈に炙ると色がついたりするんです。誤魔化しの淡淡戦法です(笑)。

撮影場所は色々迷ったのですが房総にしました。伊豆は風が強かったのですね。成果はあったのでしょうか? 後ほどお伺いします。
2017-11-27 Mon 21:13 | URL | いとう [ 編集 ]
こんばんわ、いとうさん。
分子雲に浮かぶすばるがとっても自然で良いですね。
分子雲耐性がまだ低いので、少しでも気配があるとついつい炙って荒らしちゃいます。
最近は、この距離にはまってらっしゃいますね!
f4.0まで絞って周辺もとってもいい感じですね。
すばるもそろそろ、オリオン座と交代していく時期になってきましたね。
2017-11-27 Mon 22:34 | URL | とも [ 編集 ]
ともさんこんばんは。

分子雲は露光時間をかけないとダメです。2時間の露光ではこの写真のように淡く浮かび上がらせておしまいです。過度に引き上げるとGが強い部分やBが強い部分が出てしまいます。

オリオンですか。ドキッ! ありますよ〜。これから処理しますが。
2017-11-27 Mon 22:50 | URL | いとう [ 編集 ]
いとうさん、こんばんは

大人の夜遊び、星撮りを存分に楽しめて良かったですね~

しかし透明感のある分子雲で自然な感じですね。

確かに北側の分子雲がほんのり青くて美しいです。初めて知りました。


2017-11-27 Mon 23:30 | URL | KENYA [ 編集 ]
KENYAさんこんばんは。

昴の北側の分子雲が色着いた時、色ムラかな?と思いましたが、明らかにBのレベルが違っていました。
この位の露光時間では分子雲の炙りもそこそこに。あまり無理しない方が良いと言うのが最近の考えです(笑)。
2017-11-28 Tue 21:06 | URL | いとう [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |