FC2ブログ

湘南の星空

~ 湘南から星のある風景を ~

SIGMA 135mm F1.8 DG HSMでアンタレス周辺

皆さんこんばんは。

SIGMA 135mm F1.8 DG HSMシリーズが続きます。
アンタレス周辺を撮りました。撮影は午前1時ころに月が上る日で、露光時間を稼げない条件でした。1時間程度の露光です。短いなぁ。

☆ アンタレス周辺
20170419_アンタレス周辺
初めて撮りました。結構派手に仕上げています。先輩方の写真と比較するとまだまだな点がありますが、一応形にはなったかと思います。ただ露光時間が短いので、機会がある時に長時間露光で丁寧に仕上げたいですねぇ。
さてさて、SIGMA 135mm F1.8 DG HSMのテストが主な目的だったのですが、どうでしょう? 収差は無いし、解像度も良いし、色乗りも良いし、なかなかのレンズですね。APO SONNARに匹敵する神レンズと言っても過言ではないと思います。このレンズで撮るのが楽しくなりそうです。

【撮影データ】
■撮影日 / 撮影場所 / 気温
 2017年4月19日 / 大多喜町 / 8→7℃
■カメラ / レンズ
 Nikon D810A / SIGMA 135mm F1.8 DG HSM Art(f4.0)
■ISO / 露光時間
 800 / 480s×8枚
■ 赤道儀
 初代アトラクス+M-GEN
■SW
 RAP2(ダーク、フラット処理)
 CCDStack2(コンポジット処理)
 PixInsight(現像処理)
 Photoshop CC(色調調整、コントラスト調整等)
 Nik collection(最終仕上げ)
■その他
 ディザリング

               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村

             ポチッと皆様の応援をお願いします。

天体写真 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<ちょっと失敗のM13 | ホーム | SIGMA 135mm F1.8 DG HSMで獅子のお尻>>

コメント

いとうさん、おはようございます。

綺麗に撮れてます♪

F4まで落として、モッタないような気もするけどその分周辺の恒星も真ん丸だし、画像処理的なことまでトータルに考えればその方がいいんでしょうね。

解像度がいいから微光星も鋭くびっしり、APO SONNARもがんばらなくちゃぁ♪

2017-04-23 Sun 08:34 | URL | YOCCHAN [ 編集 ]
YOCCHANさんおはよう。

お褒めのコメントありがとうございます。
仰るようにF2.8で撮ればよかったですね。おそらく、周辺減光を除けばF4.0と大差ないような気がします。次回試してみますね。
2017-04-23 Sun 08:49 | URL | いとう [ 編集 ]
いとうさん、こんばんは。
星がびっしりシャープにひしめきあってますね~、さすが銀河の中央付近です

この領域は二度程撮ったことがあるのですが光害カブリが酷くて作品にはなりませんでした。
初めてでこの複雑に色が絡み合った広写野をここまで仕上げられるのは素晴らしい。フラットのマッチングが肝ですね

2017-04-23 Sun 19:05 | URL | KENYA [ 編集 ]
KENYAさんこんばんは。
お褒めのコメントありがとうございます。
このレンズの場合、F4.0まで絞ると周辺減光は目立たなくなりますが、一応フィルムのライトボックスを使ってフラット処理をしています。
カブリが少ないのはやはり空の暗さ影響しているかと思います。カブリ処理はかなり楽でした。とは言っても、カブリ処理を手作業でチマチマ行っています。2時間くらいかかったかもしれません。平坦にしないと変な色カブリが出てしまうんですよねぇ。
2017-04-23 Sun 20:09 | URL | いとう [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |