FC2ブログ

湘南の星空

~ 湘南から星のある風景を ~

SIGMA 135mm F1.8 DG HSMを購入しました

皆さんこんばんは。
皆さんお久しぶりです。生きています。仕事が忙しくて撮影はもちろん画像処理もできない日々です。

突然ですが、タイトルにもある通り SIGMA 135mm F1.8 DG HSM を購入しました。APO SONNAR 135mmにするか散々迷いましたが、前に買った 50mm F1.4 DG HSM が星撮りにとても良かったのでSIGMAにしました。

SIGMAのサイトに掲載されたMTF曲線から、SIGMA 135mm F1.8 DG HSMの性能は相当高そうですが、実際に撮ってみないとわからないところもあります。気になる方も多いかと思い、解像度の確認をした結果を紹介したいと思います。 本来なら星でテスト撮影したいのですが、今夜は天気が悪いので風景でのテスト撮影となりました。
カメラはD810A(フルサイズ)、三脚固定&レリーズ撮影です。中央部分と右下部分をF値を変えて比較しました。また、画像は等倍です。撮影対象は約400m離れた木々になります。ピントはオートフォーカスで合わせています。また画像処理ではシャープ処理やノイズ処理は一切しておりません。

☆ 解像度テスト(中央部分)
☆ f1.8(開放)
F18_中央

☆ f2.0
F20_中央

☆ f2.5
F25_中央

☆ f2.8
F28_中央

☆ f4.0
F40_中央
開放ではさすがに解像感がやや下がりますが、それでもかなり結像しているのではないでしょうか。
続いて右下部分。ちなみに右下ぎりぎりはやや手前になる桜になります。もう少し考えてフレーミングすれば良かった・・・。

☆ 解像度テスト(右下部分)
☆ f1.8(開放)
F18_右下

☆ f2.0
F20_右下

☆ f2.5
F25_右下

☆ f2.8
F28_右下

☆ f4.0
F40_右下
f2.8からは葉や木の枝がくっきりしてきます。f4.0にしてもあまり変わらない感じです。f2.8に絞れば周辺部も十分使えそうな気がします。ただ周辺減光は判りませんので、やはり、実際に星を撮ってみないと判らないところもありますね。

テストだけでは面白くないので、最後に桜の写真で締めたいと思います。全て開放で撮っています。

81L_1729

81L_1734

81L_1731

81L_1735


               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。
機材 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<SIGMA 135mm F1.8 DG HSMのテスト撮影 | ホーム | 南の回転花火>>

コメント

いとうさん、こんばんは、お久しぶりです。

おぉスゴイの買っちゃいましたね。

400m離れた木とは思えない写りです。
星でのファーストライトが楽しみです。

しかしD810Aで撮った桜、キレイですね~






2017-04-10 Mon 23:50 | URL | KENYA [ 編集 ]
いとうさん、超久しぶりです。

どうしちゃったかなぁと心配でしたが安堵しました♪

天文ガイドでレンズの紹介コラムがあったのでいとうさん買うのかなあと思ったら案の定でした。

SIGMAの自信策、ファ―ストライト楽しみにしています。
桜、繊細できれいですね♪
ボケ具合もいい感じです。
2017-04-11 Tue 07:31 | URL | yocchan [ 編集 ]
KENYAさんこんばんは。
yocchanさんのAPO SONNARの写真を見て欲しくなった画角のレンズです。良いタイミングでSIGMAから出てくれました。早く星を撮ってみたいです。

鎌倉は今が桜が見頃です。
2017-04-11 Tue 20:17 | URL | いとう [ 編集 ]
yocchanさんこんばんは。
ご心配おかけしてすいません。ネットが繋がらない環境での仕事だったので、ブログも完全放置でした。しばらく放置することがありますが、ご心配なさらないでください。

SIGMAの135mmはMTF曲線が素晴らしいので、どんな写りがするのか楽しみです。ひょっとすると四隅の星像が甘くなるかもしれませんが、今回のテストから見るとf2.8まで絞ればかなりイケるのでは?と思っています。
とにかく星を撮ってみたいですね。
2017-04-11 Tue 20:23 | URL | いとう [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |