FC2ブログ

湘南の星空

~ 湘南から星のある風景を ~

天体写真の画像処理2

皆さんこんばんは。
前回に引き続いて画像処理のお話です。
ご存知の方も多いとは思いますが、星マスクを使った強調について説明したいと思います。

まず「星マスク」ですが、このマスクは「星の牧場2」のブログを開設しているよっちゃんさんが作り方を公開されています。「星マスク」で検索するとムービーで作り方が出てきますので、そちらを参考にしていただきたいと思います(私が考案した訳では無いので、ここで作り方を紹介するのは遠慮させてください m(_ _)m )。

で「星マスク」ですが、画像の強調処理の際には絶大な効果があります。その効果は、恒星の肥大化を抑えつつ、星雲を強調できることです。前回にも書きましたがマスク処理を使うと、効果を及ばせたいところと、及ぼしたくないところを分けて処理することができます。今回紹介するのは、

恒星に効果を及ぼさず、かつ星雲に効果を及ぼす

やり方になります。

☆ 星マスクの準備
馬頭27
星マスクを作ります。これは作り立てのベースの星マスクです。この星マスクに多少アレンジをして使っていくので、今後ベースの星マスクは弄らずに取っておきます。

☆ 星マスクのコピー
馬頭28
星マスクを2回コピペします。画面上ではグループ化していますが、自分なりに効果を確認するためのグループ化なので、別にしてもしなくても構いません。

☆ 星マスクのぼかし
馬頭29
コピーした星マスクのうち、上の方を「比較明」にし、
フィルター > ぼかし(ガウス)
でちょっとぼかします。と言うのは、恒星の周囲と暗部との輝度差が大きいため、このまま星マスクを使うと不自然になることがあるためです。また、恒星の周りはハロが出たりしますので、そのハロの部分もちょっと拾ってあげるのです。ただし、単純にぼかしをすると微恒星が淡くなってしまうので、芯を残す意味でぼかした星マスクとぼかさない星マスクを比較明合成します。
ぼかし度合いとしては、ベース画像の星像の大きさと大体合わせる ですかね。これはなかなか感覚が難しいのでアレンジしてください。
ぼかし を終えたら、コピーした星マスクを結合させます。

☆ 星マスクの諧調反転
馬頭30
結合した星マスクはそのままでは使いません。諧調を反転させます。
イメージ > 色調補正 > 諧調の反転
でしたね。
恒星の部分が黒く背景が真っ白なので、恒星には効果が及ばず背景(星雲)に効果が及ぶマスクが完成します。

☆ 強調の準備
馬頭31
ベース画像の上に、「レベル補正」のレイヤーを追加します。「トーンカーブ」も良いかもしれませんが、私は「レベル補正」を使っています(数値を用いて使いやすいことが理由)。

☆ 星マスクを貼り付けて強調処理
馬頭32
「レベル補正」のレイヤーマスク(真っ白い四角)に、諧調反転させた星マスクをコピペします。
コピペしたら、「レベル補正」のスライダーで中間値を左に、シャドウのスライダーを右に動かします。シャドウのスライダーは、ヒストグラムの壁(シャドウから立ち上がる部分)を超えないようにします(シャドウスライダーの左側が切り捨てられるため)。
目安はいろいろあるでしょうが、私の場合、例えばシャドウのスライダーを40にしたら中間値を1.4にします。画面はちょっと意識的に1.5にしていますが(笑)。
シャドウから中間値を狭めることで、この間のコントラストを上げる効果があります。ですから、強調処理を行う前のヒストグラムの壁は、中間値より左側にあるようにしておきます。中間値より右側にある場合は、強調処理を行う前にシャドウスライダー(中間スライダーでは無い)を使って壁を中間値より左側になるように調整しておきます。

この強調処理により、暗部が引き締まり、また、星雲が明るくなり分子雲っぽいのも少し出てきたかと思います。また、恒星も肥大化が抑えられてると思います。試しにレイヤーマスクの上で右クリックし、「レイヤーマスクを使用しない」を選択すると、星マスクを使っていない場合の強調効果が見られます。レイヤーマスクを使用しないと、星が肥大していませんか?
なお、ここでも過度な強調はしない方が良いかと思います。分子雲がちょと見やすくなったかなぁくらい。
また、この強調処理を行うとRGBそれぞれに効果がかかります。強調処理を行う前段階でカラーバランスを整えないと、カラーバランスがどんどん崩れていきますのでご注意を。ヒストグラムの壁の位置がRGBそろっているのが基本になります。

本日はここまで。また続きます。


前回も書きましたが、他に方法があれば是非是非ご紹介ください。


               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。

画像処理 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<天体写真の画像処理3 | ホーム | 天体写真の画像処理1>>

コメント

いとうさん、おはようございます。

だんだん、わからない氷のようなPSが溶けていくような感じです。
続きを早くみたいです♪
2017-02-09 Thu 08:29 | URL | yocchan [ 編集 ]
yocchanさんこんばんは。
まだまだ続きありますよ〜。
2017-02-09 Thu 21:16 | URL | いとう [ 編集 ]
いとうさんこんばんは。
色々処理の仕方、大変勉強になります!
私はようやく300㍉レンズのフラットシートができました(^^;
下準備のやり方はだいぶ理解ができましたが、いずれはこのようなやり方もチャレンジしたいです。
Ps cc月額980宴のタイプでもこのような処理ができるのですか??
2017-02-11 Sat 18:35 | URL | kazumiya [ 編集 ]
kazumiya さんこんばんは。
私は月額980円のPS CCで処理しています。紹介した方法はできますよ。

kazumiya さんの写真も拝見させていただいています。バラからコーンにかけての写真、青い星雲も美しくとても素敵ですね。
2017-02-11 Sat 22:38 | URL | いとう [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |