湘南の星空

~ 湘南から星のある風景を ~

カリフォルニア星雲と分子雲

皆さんこんばんは。

今回は先週の土曜(11月5日)に須走で夜遊びした一枚を紹介です。実はまだこれしか処理していません。

☆ カリフォルニア星雲と分子雲
20161105_NGC1499IC348_完成最終
この日もよく星撮りに一緒に行く友人Oさんと一緒でした。また、会社の新人君も一緒でした。新人君は学生時代に天文サークルに入っていて、機会があったら連れて行って欲しいと前から頼まれていたのです。しかし、私の星撮りは基本他人は放置なので、放置が元で嫌になったりしないかとちょっと心配でした。でもさすが天文サークルに入っていただけあって、持ってきたカメラでとても楽しんでいた様でした。
さてさて、須走では久しぶりの星空を堪能しました。快晴の中、空気も乾燥していてそれほど風も強くなく、寒さもそれほど・・・?の快適な撮影ができました。調子に乗って、カリフォルニア星雲付近を3時間露光しました。
カリフォルニア星雲はおよそ1000光年彼方にある散光星雲。赤がきれいですね。ただ、仕上げ方によってはピンクになったり、色を表現するのは難しい対象だと思います。この写真でもBが入っているので、若干ピンクっぽくなっています。
カリフォルニア星雲は比較的簡単に写るのですが、周囲の分子雲は自分にとって強敵です。3時間の露光と強烈な炙りでモクモクが出てきました。このモクモク、画像処理がとても難しく、撮影時間の何倍もの時間を要しました。それでも自分の写真として分子雲がやっと写せるようになりました。自分としては満足な出来です。

ところで放置を耐えた新人君、「また連れて行ってください」とな。星狂いが一人できてしまった様です。

【撮影データ】
■撮影日/撮影場所/気温
 2016年11月5日 / 須走口駐車場 / 2~-1℃
■カメラ/レンズ
 Nikon D810A / Ais Nikkor 180mm F2.8(F5.6)
■ISO/露光時間
 3200 / 300s×36枚(3時間)
■ 赤道儀
 初代アトラクス+M-GEN
■SW
 RAP2(ダーク、フラット処理)
 CCDStack2(コンポジット処理)
 PixInsight(現像処理)
 Photoshop CC(色調調整、コントラスト調整)
 Nik collection(最終仕上げ)

               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。
天体写真 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<星景写真の画像処理その5(色調補正編) | ホーム | 星景写真の画像処理その4(中間スライダー編)>>

コメント

いとうさん、おはようございます。

微恒星がきれいで、さらにモクモクが上品に炙りだされ、いいっすね♪

3時間露光は物凄いポテンシャルを持っていますね!
2016-11-14 Mon 06:55 | URL | yocchan [ 編集 ]
yocchanさんこんばんは。
お褒めのお言葉ありがとうございます。実は最後にアンシャープかけるの忘れてました(笑)。
分子雲の炙り出しは難しいです。3時間ではノイズなのか分子雲なのかがまだ判りにくいのです。
それでもそれなりに炙り出せました。やはり時間は大切ですね。
2016-11-14 Mon 20:01 | URL | いとう [ 編集 ]
いとうさんこんにちは。
3時間ですか(^^;
絞りも5.6まで絞っているのですね~
その効果なのか恒星の光芒が美しいですね!
それにしても分子雲を炙りだすのは大変そうですね(^^;
また教材が増えました!
2016-11-16 Wed 10:22 | URL | kazumiya [ 編集 ]
kazumiyaさんこんばんは。
お褒めのお言葉ありがとうございます。
分子雲の炙り出しは、前に書いたシャドウから中間値までのコントラストを上げることで対応しています。ただ、その前に画像を如何にフラットにするかが大事で、ちょっとでもカブリがあるとカブリもろとも強調されてしまいます。時間がかかったのもそのカブリ除去でして、この辺りが非常に難しいです。
2016-11-16 Wed 21:55 | URL | いとう [ 編集 ]
いとうさん、こんばんわ。
カリフォルニア星雲周りはこんなことになっているんですね!煙のようにモクモク感が凄いですね。
自分でも撮影した画像にいつもうっすらと主張する彼(星雲)の周りがこんな風になってると分かって驚きです。

2016-11-17 Thu 01:40 | URL | とも [ 編集 ]
ともさんこんばんは。
カリフォルニア星雲の周りの分子雲の存在は、私も最近になって知りました。炙ってみるとかなり難しく、ちょっとでもカブリがあると色ムラが出たり、色が傾いたりします。
難しい分面白いところもありますが、簡単に綺麗に出してみたいものです(笑)。
2016-11-17 Thu 23:05 | URL | いとう [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |