湘南の星空

~ 湘南から星のある風景を ~

星景写真の画像処理その3(ヒストグラム編)

皆さんこんばんは。
今夜は画像処理第三弾になります。

今日はヒストグラムついて書こうかと思います。富士山の画像処理を行う前の基礎知識です。
実はこのヒストグラム、私自身解っているようであまり解っていませんでした。自分が理解したことを書きたいと思います(そんなの解っているよ!と言う方はすいません)。
でも、調整方法まで含めると、意外と書いているサイトは無いんですよね~。

ヒストグラム1
先日アップしたM31です。左側にヒストグラムを載せています。
ヒストグラムはこの例だと、RGBそれぞれの諧調(横軸)の明るさがどれだけ存在しているか(縦軸)の情報量を示しています。このM31ですと諧調0から40くらいまでは何も情報は無く、40付近で突然ピークになり、その後255に向かって落ちていることが判ります。

で、よくコントラストが高い低いと言いますが、ヒストグラムでどのようなことなのでしょう。

ヒストグラム2
レベル補正で「出力レベル」を下は100、上は150にしました。この操作は、レベル0の入力値を100として出力し、レベル255の入力値を150として出力していることを示します。つまり、入力に対して出力を制限した、コントラストの低い画像になります。
ヒストグラムを見てみましょう。中央に寄っていますね。もちろん一番低いところは100、一番高いところは150です。それより外側の諧調を使っていない(つまり情報が無い)のです。
また、このことから画像のコントラストを落としたい場合は、レベル補正で「出力レベル」を調整すれば良いということも判ります。

ヒストグラム3
今度はレベル補正で上側の入力レベルを調整してみます。シャドウ側のレベルを40、ハイライト側のレベルを200とします。そうすると、もともと入力値としてあったはずの0から39の諧調は諧調0に、201から255の諧調は諧調255になります。つまり、真っ黒か真っ白です。その結果M31の周辺の夜空は真っ黒、中心部は完全に飽和してしまいます。
ヒストグラムを見てみましょう。最初のヒストグラムと比較して、横軸いっぱいいっぱいに使っていますが、左端(諧調0)と右端(諧調255)の情報量が多く突き抜けていますね。コントラストが非常に高い状態です(もちろん高すぎです)。
また、このことから画像のコントラストを上げたい場合は、レベル補正で「入力レベル」を調整すれば良いことが判ります。

画像調整するときはヒストグラムを見ながら行い、極端なシャドウやハイライトに振ることが無いようにします。感覚に頼らない画像処理に近づきます。

なお、今回は中間スライダーの話はあえてしませんでした。次の機会に。


               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。

画像処理 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<星景写真の画像処理その4(中間スライダー編) | ホーム | 星景写真の画像処理その2(マスク実演編)>>

コメント

いとうさん、こんばんは。

今さら聞けないPhotoshopの使い方 という感じですね

実はレベル補正の出力レベルは殆ど使ったことがないので、僕にとっては勉強になります。

次回も期待していますー
2016-10-31 Mon 22:13 | URL | KENYA [ 編集 ]
KENYAさんこんばんは。

コントラストの軽減は、主にRGBで色調調整するときに使います。街明かりではGが強く出ますが、単にGのレベルを落とすのではなく、コントラスト調整を使うとうまくいくことがあります。画像処理は難しいです。

次は中間スライダーでバックのコントラスト調整法を紹介したいと思います。
2016-10-31 Mon 23:53 | URL | いとう [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |