湘南の星空

~ 湘南から星のある風景を ~

らせん星雲

皆さんこんばんは。

金曜の夜はペルセウス流星群の極大日でしたが、鎌倉では22時ころから雲が張り始め、結局見ることはできませんでした。曇る前までは期待させる空だったのですが、う~ん、天気は難しいですね。

今日も8月5日に撮った写真の紹介です。

☆ らせん星雲
20160804_らせん
みずがめ座にある美しい惑星状星雲です。星が最期を迎えて周囲にガスをまき散らしている様子です。惑星状星雲としては最大級(最大としては別にあるらしい)の大きさで、写真にも写りやすい対象です。
この写真も前回同様にフラットが合わず、手作業でのフラット作業を繰り返しました。どうしても合わない部分があるのと、画面全体で表現する対象ではないので、南北方向にトリミングしています。使用している望遠鏡の焦点距離(1040mm)相当にしています。ちなみに写真上が北になります。
処理には結構気を使っています。左上に見える腕が残るよう、また、らせんと言うか渦巻というか丸い構造がつぶれないように輝度を調整しながら、中心部の色が自然になるようにとか・・・。自分では仕上がりに満足しています。
このらせん星雲、中心部の青いところに彗星状の構造が見られることで知られていますが、上記に加えてその彗星状の構造を出すことにも気を使いました。結果は、

☆ らせん星雲(等倍)
20160804_らせん_等倍
う~ん、微妙。うまく出すにはもっと大きな口径の望遠鏡が必要でしょうか?
しかし処理をしているうちに、小さい小さい銀河系星雲があることに気が付きました。一部はFBで投稿した際に教えていただいたのですが、写真には5つの銀河系星雲が写っています。距離まではわかりませんが、おそらく億光年単位。ちょっとだけハッブル宇宙望遠鏡を覗いている気分になりました。

【撮影データ】
 撮影日   :2016年8月5日
 撮影場所 :太郎坊駐車場
 気温    :18℃
 カメラ    :Nikon D810A
 レンズ   :FS128+REDUCER(焦点距離:700mm)
         ※1040mm相当にトリミング
 ISO     :3200
 シャッター :300s×24枚(初代アトラクス+M-GEN)
 レタッチ  :RAP2(ダーク、フラット処理)
         CCDStack2(コンポジット処理)
         PixInsight(現像処理)
         Photoshop CC(色調調整、コントラスト調整)


               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。

天体写真 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<白鳥座リベンジ | ホーム | サドル付近の散光星雲>>

コメント

コントラスト高くて滑らかならせん星雲ですね。ヒゲもちゃんと出てて素晴らしいです。
小さな銀河が写っているのも驚きですが、これだけトリミングしても滑らかに解像しているのにもっと驚きました。
D810Aの高解像度もあるのでしょうが、ガイド・ピント精度が高くないと難しいでしょうね
2016-08-15 Mon 09:10 | URL | KENYA [ 編集 ]
KENYAさんこんにちは。
嬉しいコメントありがとうございます。
おっしゃる通り撮影時は、ピントとガイドに気を配っています。
ピントはライブビューでバーティノフマスク用いて追い込み、実際に一枚撮影して確認しています。確認する星はなるべく白い星を選びます。今の時期ですとベガで合わせています。
ガイドはM-GENのオートガイドですが、一軸ガイドです。シンチレーションを拾うとガイドが暴れるためです。バックラッシュも大きいし。その代わり最初に極軸を合わせる際、一度合わせた後30分ほどかけて経過を見ながら微調整を行い、極軸を徹底的に追い込むようにしています。
2016-08-15 Mon 11:34 | URL | いとう [ 編集 ]
いとうさん、こんにちは。

あいにくの天気でどうしようもないですね。

NGC7293、24枚コンポジットですとかなりきめ細やかに仕上がってますね、すばらしい。

以前、20cm反射で8枚コンポジットしましたが全然荒い画像でした。
2016-08-15 Mon 12:04 | URL | YOCCHAN [ 編集 ]
YOCCHANさこんにちは。
天気優れませんね。来月の新月期に期待です。

らせん星雲の写真は、強調処理する前にPSのCamerarawに依るノイズ軽減と、最後におまじないをかけています。そのおまじないは機会がありましたら紹介しますね。
2016-08-15 Mon 12:54 | URL | いとう [ 編集 ]
ペルセウス座流星群、鎌倉はダメでしたか。
私は千葉方面でかろうじてでした。
らせん星雲そのものも見事ですが、小さな銀河が宇宙の神秘を感じますね。
数億光年ですか。。
2016-08-16 Tue 07:59 | URL | びっけパパ [ 編集 ]
びっけパパさんこんにちは。
銀河系星雲までの距離は適当な想像です。全て1分角にも満たないので、おそらく億光年単位であろうと。

遠いですねぇ。
2016-08-16 Tue 11:49 | URL | いとう [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |