FC2ブログ

湘南の星空

~ 湘南から星のある風景を ~

M33のHα領域

皆さんこんばんは。

晴れの夜空は3日間続かず今夜は曇ってしまいました。ちょっと残念。一昨日、昨日の夜はとても綺麗な月夜でしたが、そんな月には目を向けずにひたすらM33を撮りました。Baader社のH-α7を用いて自宅での撮影です。なお、昨日紹介した方法でフィルターを取り付けています。
猫の額ほどの庭にフィルターを取り付けた望遠鏡、カメラをセットし、後はM-GENでのオートガイド。ガイドエラーで2枚ほど捨てましたが、2日間で16枚、トータル4時間分(!)のデータを取得できました。

☆ Hα画像
201511271128_M33_Hα1
Hαフィルターを通したカラー画像そのものなので、当然のことながら真っ赤かです。赤くないところは、飽和した恒星が白くなっているくらいでしょうか。
Hαでの撮影で、中心付近にM33の渦巻がはっきり写りました。写真中央からやや右上には領域を持った明るい部分が見えます。NGC604の符号がついているM33の散光星雲です。相当大きく、オリオン大星雲の100倍程度の大きさとか。その大きさなら200万光年近く離れた場所からも見えるのでしょうね。前回撮ったM31より、M33の散光星雲は断然写りやすいです。
なお、写真はM33のHα領域を判りやすくするため、50%トリミングしました。フルサイズカメラで約1400mmの焦点距離相当になります。縦の短い方が約1°の長さに相当します。

☆ M33のHα画像
201511271128_M33_Hα2
上の写真から微恒星を取り除き、モノクロに変換した後コントラストを調整した写真です。M33のHα領域がより見やすくなりました。

この2日間の撮影で、ナローバンドでの撮影は自宅からでも問題ないことがはっきりしました。しかも満月に近い夜空の下での撮影でです。
となると、自宅での撮影対象がぐっと広がり撮影に忙しくなりそうです。銀河であればM51、M81、M82、M101。他のナローバンドも加えてM42、やバラ星雲などの散光星雲を撮って、ハッブルパレットで仕上げてみるのも楽しそうです。

最後に昨年須走で撮影し処理したM33と、その写真に今回撮ったHαをマージした写真を比較したいと思います。無理やりマージしたので、Hαの強調し過ぎ感がぬぐえませんが、意外と上手くできるものだと思いました。
昨年撮ったM33は露出時間が短く(ISO:1600 露光時間:30分)結構ノイジーな感じです。今度の新月期にはM33をフィルターを付けずにD810Aでじっくり撮って、滑らか~なM33と今回のHαをマージしたいです。

☆ M33(Hα無し)
20141025_M33

☆ M33(Hα有り)
M33_Hα

【撮影データ】(Hα画像のみ)
 撮影日   :2015年11月27日、28日
 撮影場所  :自宅(神奈川県鎌倉市)
 気温     :6℃→5℃(27日)
          7℃→6℃(28日)
 カメラ    :Nikon D810A
 レンズ    :FS128+REDUCER(焦点距離:700mm)
 WB      :5000K
 シャッター :900s×8枚 (27日)
         :900s×8枚 (28日)
 ISO     :3200
 レタッチ   :RAP2(ダーク減算、フラット処理)
         Photoshop CC(現像処理(CameraRaw)、
         コンポジット処理、コントラスト調整)
 その他   :赤道儀にて追尾撮影(旧アトラクス+MGEN)
         Baader社 H-α7を使用


               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。
天体写真 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<慌てるとダメですね・・・ | ホーム | カメラマウントへのフィルター取付け>>

コメント

これは凄いですね。
グッと迫力が増しますね。
満月期も無駄にすることなく自宅撮影。
処理する時間が足りなくなりそうですが(笑)
2015-11-30 Mon 18:34 | URL | びっけパパ [ 編集 ]
びっけパパさんこんばんは。

やはりM33は淡いだけに、散光星雲が赤く写ると存在感が出てきます。昨年処理した時はどうやっても散光星雲が赤くなりませんでした。D810A+長時間露光の威力は凄いです。

あとはM33のノーフィルター画像を撮ってマージしたいです。昨年撮ったM33はザラッザラなんで。今度の新月期は晴れるかな?
2015-11-30 Mon 22:42 | URL | いとう [ 編集 ]
こんばんは。
赤い部分が浮かび上がってくると映えますね。
以前、改造機で撮影したM31のデータをLightroomで現像する時に何気なく赤成分のスライダーを弄ったらHαっぽい赤いぽつぽつが浮かんできて驚いた事がありました。
D810Aではそこまで浮かび上がらなかったので、フィルター併用を計画している所です。
2015-12-01 Tue 21:37 | URL | HiroHero [ 編集 ]
HiroHeroさんこんばんは。
昨年ノーマルのD800で撮影と処理した時は、どうあがいても散光星雲は浮かび上がりませんでした。
今回のD810A+Hαでは思っていた以上に散光星雲が炙り出せました。ただし、相当の露光時間をかけています。参考になれば・・・・。
2015-12-03 Thu 00:17 | URL | いとう [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |