湘南の星空

~ 湘南から星のある風景を ~

ぎょしゃ座

皆さんこんばんは。

昨日、関東で木枯らし1号が吹いたとの発表がありました。季節は秋から冬へ動き初めています。
今夜も須走で撮った写真の紹介です。これも小物です。

☆ ぎょしゃ座
20151014_ぎょしゃ座
秋の夕方、北東の空に輝きだす明るい星があります。ぎょしゃ座のカペラです。低い空に瞬くカペラを見ると、そろそろ冬だなぁと感じてしまいます。

ぎょしゃ座には自分にとって忘れられない星があります。ぎょしゃ座のε(イプシロン)星です。
子供のころに買ってもらった学研の「宇宙」に、星の大きさ比べのページがありました。太陽よりも大きな星が描かれている中、ぎょしゃ座εの伴星が他の星とは比較にならないほど大きくて、こんなに大きな星があるのかと強く印象に残ったものです。このε伴星の正体には諸説いろいろあるようで、まだはっきりとは解っていないようです。

ぎょしゃ座は天の川の中にすっぽりと入っており、冬の星座の中でも賑やかな領域です。M36、M37、M38の散開星団をはじめ微恒星も多く、望遠鏡を向けても飽きさせない星座です。写真で撮ると、うねうねした暗黒帯も写り面白いです。

この写真の処理にはちょっと苦労しました。と言うのも、自分の持っているAF-S NIKKOR 50mm f/1.4G の個体差なのか、単にピントが合っていないのか、このレンズで撮ると中心付近が赤っぽくなり(赤ハロが結構酷い)、周辺部が緑っぽくなる傾向があるのです。処理の際に色むらを取るのに四苦八苦しています。まだ色むらを除去しきれず、仕上がりに満足はしていません。


☆ ぎょしゃ座(星座)
20151014_ぎょしゃ座A
毎度のことながら、星座の線や星の名前、星雲星団の名前を入れてみました。そうそう、ぎょしゃ座の一部は牡牛座(TAU)の角の先端なんですよね~。

【撮影データ】
 撮影日   :2015年10月14日
 撮影場所  :須走口駐車場(静岡県小山町)
 カメラ    :Nikon D800
 レンズ    :AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G  (f5.6)
 WB     :天体用に補正
 ISO     :1600
 シャッター :300s×8枚(加算平均合成)
 レタッチ   :RAP2(ダーク減算)
         Photoshop CC(現像処理(CameraRaw)、コンポジット処理、
         色調調整、コントラスト調整)
 その他   :スカイメモRSで追尾。

               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。
天体写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<月夜 | ホーム | 秋から初冬の天の川>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |