湘南の星空

~ 湘南から星のある風景を ~

ぎょしゃ座南部の赤いやつ

皆さんこんばんは。

週末毎にやってくる台風にはホント困りますね。せっかくの新月期の夜に出撃できないなんて。
とは言いつつも無理に遠征して撮ってもいます(笑)。前々から撮りたかったぎょしゃ座の散光星雲やレムナントです。SIGMA135mmという最強の武器を手に狙いを定めました。

☆ ぎょしゃ座南部
20171023_ぎょしゃ南部ブログ1
勾玉星雲を右上に、左下にレムナントを配置しました。135mmでちょうど良い位置になりました。

今回はISO1600、F2.8で撮っています。今まではISO3200、F4.0でしたが、ダイナミックレンジを稼ぐためにISOを下げ絞りを開けています。これがちょっとびっくりで、等倍にしないと判り難いのですが周辺部でサジタルコマフレアが発生! さらに色収差も若干でてしまいました。F4.0で撮った方が無難なようです。

またこの撮影ではスカイメモRS+MGENの本格稼働を開始しました。最初、MGENから信号は行っているのに赤道儀のモータが反応せずうまく動きませんでした。しかし、MGSNをぶら下げずに机の上に置いたらきちんと動作しました(;・∀・)?。その後は問題なくガイドエラー無しで撮影できました。
オートガイドもうまくいったので、今後F4.0に戻す際には露光時間を延ばすことも可能ですが、撮影枚数も稼ぎたいのでISOを上げる方に行きそうな感じです。

しかしレムナントはホント淡いですね。玉砕しました。

☆ ぎょしゃ座南部(カタログ入り)
20171023_ぎょしゃ南部ブログ2
この辺りを撮ったのは、今後FS128でM36~M38を撮る際の構図決めのためもあります。前回のM52のように周辺に散光星雲があるなら一緒に撮っちゃおうと。これを見るとM38がなかなか面白そうです。
そうそう、勾玉に気を取られたら、M37を画面端でぶった切ってしまいました(笑)。

【撮影データ】
■撮影日 / 撮影場所 / 気温
 2017年10月 / 千葉県大多喜町 / 10℃
■カメラ / レンズ
 Nikon D810A / SIGMA 135mm F1.8 DG Art (f2.8)
■ISO / 露光時間
 1600 / 180s×43枚
■ 赤道儀
 スカイメモRS+MGEN
■SW
 RAP2(ダーク、フラット処理)
 CCDStack2(コンポジット処理)
 PixInsight(現像処理)
 Photoshop CC(色調調整、コントラスト調整等)


               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。

天体写真 | コメント:6 | トラックバック:0 |

M52 NGC7635付近

皆さんこんばんは。

台風21号が日本に接近中です。今回ばかりは関東圏を明け方に直撃しそうで心配です。台風が来るたびに被害の報道がなされますが、最小限の被害で済んでほしいものです。

先月撮影したカシオペア座にあるM52とNGC7635付近です。丁寧に処理をしたので時間がかかってしまいました。

☆ M52 NGC7635付近
20170924_M52_NGC7635
写真は上が北になります。
この辺りは散光星雲が多いので、どのように切り取るか悩んでしまいます。撮影機材は700mmとそこそこ大きいので、散らばる散光星雲を全体的に撮るには画角が狭すぎ。向きを横向きにするか悩みましたが、オーソドックスに南北を縦にしました。
欲張れば右下のsh2-157(クワガタ星雲)が入りますが、そうするとM52が隅に位置してしまうので、あまり欲張らずにM52とNGC7635を中心にしました。
NGC7635(バブル星雲)のバブルの輝度が高くなり過ぎないように注意しながら処理しています。バブルの様子がわかるかと思いますが、ホントちっちゃいですねぇ。これを解像度高く長い焦点距離で撮ろうにも、シンチレーションの影響を受けそうで、なかなか難しそうです。

【撮影データ】
■撮影日 / 撮影場所 / 気温
 2017年9月24日 / 須走口駐車場 / 4~6℃
■カメラ / レンズ
 Nikon D810A / FS128+REDUCER(焦点距離:700mm)
■ISO / 露光時間
 3200 / 300s×30枚
■ 赤道儀
 初代アトラクス+M-GEN
■SW
 RAP2(ダーク、フラット処理)
 CCDStack2(コンポジット処理)
 PixInsight(現像処理)
 Photoshop CC(色調調整、コントラスト調整等)


               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。


天体写真 | コメント:6 | トラックバック:0 |

スカイメモRSオートガイド化

皆さんこんばんは。

本日は機材の話です。
最近スカイメモRS+SIGMA135mmで撮ることにはまっています。ガンガン撮っていきたいのですが、3分以上のガイドになると東西に星が伸びていくのが目立ってきます。1時間も露光すると、最初と最後の画像では星の位置が結構ずれていました。そのため、最近撮った写真は1コマ2分の短めの露光にして、枚数を稼いで合わせる手法を用いていました。

スカイメモRSでもM-GENによるオートガイドができたら、画質の向上が狙えると思っていました。星の位置がずれると、その分S/Nが悪くなりますから。
そこでスカイメモRSとオートガイドをつなぐアダプターを購入し、昨日自宅でM-GENによるオートガイドをテストしてみました。

☆ スカイメモRS+SIGMA135mm オートガイドテスト
スカイメモMGENテストA
オリオンの三ツ星からリゲルにかけてです。ガイド的に一番厳しい天の赤道を狙いました。5分の露光です。等倍で見てみましょう。

☆ スカイメモRS+SIGMA135mm オートガイドテスト(等倍)
スカイメモMGENテストB
なかなか良い感じです。厳しい目で見れば、ちょっと東西に伸び気味です。撮影時、M-GENのパラメータを追い込んではいなかった影響があると思います。パラメータを適切に設定すれば、点像になるでしょう。
なお、極軸は極望で合わせています。しっかり合わせれば、南北にずれることはありません。
これは大きな武器になると感じました。

楽しみがまた増えそうです。


               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。

機材 | コメント:6 | トラックバック:0 |

カシオペア座モザイク

皆さんこんばんは。

9月24日に須走口で撮影した第三弾です。

☆ カシオペア座モザイク
20170924_カシオペアA_ブログA
カシオペア付近をSIGMA 135mm F1.8 DG Artで4コマのモザイク撮影しました。狙いとはモザイクでした。1枚当たり大体1時間の露光で、合計4時間程度の露光です。先日紹介したカシオペア座からペルセウス座にかけては一番右側になります。また、カシオペア座が天頂にかかった時のイメージになります。
散光星雲の赤、恒星の色がどぎつくならないように、でも、しっかりと表現されるように何回も調整しました。微光星の細かさを壊さぬように注意して処理しましたが、モザイクにすると微光星が細かい霧みたいな表現になり、さらに美しさが増す感じがします。
結合部分はPhotoshop CC のPhotomergeで結合し、その後微調整を繰り返して加算平均で重ねています。結構大変でしたがコツはつかめました。

自分でも満足の仕上がりです。

せっかくなので星座の線と恒星の名称を示します。

☆ カシオペア座モザイク(星座線、恒星名称)
20170924_カシオペアA_ブログB
カシオペア座は明るくても2等星で構成されていますが、周りに明るい星が無いので目立ちます。
次に星雲星団のカタログを示します。

☆ カシオペア座モザイク(星雲星団)
20170924_カシオペアA_ブログC
天の川に位置するだけあって、たくさんの星雲星団があります。自分も撮っていない対象がまだまだあるので、今後じっくり撮っていきたいですね。

【撮影データ】
■撮影日 / 撮影場所 / 気温
 2017年9月24日 / 須走口駐車場 / 5~7℃
■カメラ / レンズ
 Nikon D810A / SIGMA 135mm F1.8 DG Art (f4.0)
■ISO / 露光時間
 3200 / 120s×27~30枚(4枚モザイク)
■ 赤道儀
 スカイメモRS(ノータッチガイド)
■SW
 RAP2(ダーク、フラット処理)
 CCDStack2(コンポジット処理)
 PixInsight(現像処理)
 Photoshop CC(色調調整、コントラスト調整等)


               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。
天体写真 | コメント:2 | トラックバック:0 |

狙いは別なところにあり

皆さんこんばんは。

今年も撮ってしまいました。二重星団と胎児星雲と源氏パイ星雲ハート星雲。今年はSIGMA 135mm F1.8 DG Artで撮りました。やはり好きです。この領域。

☆ カシオペア座からペルセウス座にかけて
20170924_カシオペア4_ブログ
昨年まで撮っていたAis180mmED F2.8では周辺部の色収差が出てしまい、その補正に時間を要していました(誤解のないように。それでも良いレンズですよ。)。SIGMA 135mm F1.8 DG Artは良いですね。色収差補正が不要です。
ちょっぴり広めの画角で天の川のうねうねも入れました。また、最近ようやく青い恒星の色を出せるようになったので、よりカラフル感が出たかと思います。

さて、この領域をSIGMA 135mm で撮った主目的は別にあります。それは・・・。もう少し経ってから種明かしします。

【撮影データ】
■撮影日 / 撮影場所 / 気温
 2017年9月24日 / 須走口駐車場 / 4~6℃
■カメラ / レンズ
 Nikon D810A / SIGMA 135mm F1.8 DG Art (f4.0)
■ISO / 露光時間
 3200 / 120s×27枚
■ 赤道儀
 スカイメモRS(ノータッチガイド)
■SW
 RAP2(ダーク、フラット処理)
 CCDStack2(コンポジット処理)
 PixInsight(現像処理)
 Photoshop CC(色調調整、コントラスト調整等)

               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。
天体写真 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |