湘南の星空

~ 湘南から星のある風景を ~

この夏のまとめその1

皆さんこんばんは。

東日本にまたまた台風の襲来が予想されています。皆さんお気を付けください。

本日は備忘録もかねて、この夏に撮った写真のまとめをしたいと思います。7月から8月にかけて3回の遠征でいろいろ撮ることができました。うまく撮れたのもあれば、反省点もあります。課題は来年につなげたいと思っています。
なお前に掲載した写真も再度修正したりしています。

☆ この夏のまとめ(天の川)
2016夏のまとめA
これは前にアップしたのと同じ写真です。修正していません。
縦の南北が若干ずれています。南北に合わせることで天の川をもう少し対角方向にすることが可能でした。まぁ、これは自分としては満足なので撮り直しはしないだろうなぁ。

☆ この夏のまとめ(天の川)
2016夏のまとめ
望遠レンズや望遠鏡で撮った写真を重ねてみました。なお、M6は出来が悪すぎるのでこれまでアップしてません(笑)。
こうしてみるとM16の北側に気になる散光星雲があります。淡そうですが挑戦してみたいですね。
それにしても、球状星団を全く撮っていません。M22のような大きい球状星団を撮ってみるのもいいかもしれませんが、自分の望遠鏡では焦点距離がやや不足の感じがあります。

☆ この夏のまとめ(バンビの横顔と周辺のメシエ天体)
20160731バンビ_20160827
前回の写真はいろいろ思うところもあり最初からやり直しました。全体的に赤っぽい感じはしますが、暗黒帯を通る光は青が抑えられる傾向があるので、これはこれで正解かと思っています。このような写真でのカラーバランスは難しいのですが、恒星の色を見て、マゼンダに傾いていないかとか緑っぽくないかとかを見るようにしました。
M8の中心部が飽和状態ですが、これも抑えすぎると不自然なので、抑えるのはほどほどにしています。

☆ この夏のまとめ(M16)
20160606_M16_20160828
再調整で淡い星雲を炙りだしました。結果、右下にかけてもやもやも出ています。分子雲っぽいです。
これは撮影時の天気の問題もあったのですが、露光時間が短くたったの45分です。時間をかければきれいにあぶりだせそうな気がします。

☆ この夏のまとめ(M17)
20160709_M17_20160827
これも炙り出し再調整です。露光時間は1時間。やはり短いです。特に天の川の星々のざらつきを抑えるには倍の露光時間が必要だと感じました。

☆ この夏のまとめ(バンビの首飾り)
20160730_首飾り
これは前回から変更していません。カラーバランス、輝度のバランスが難しい対象でした。
首のあたりの散光星雲の色が若干汚い感じがします。もし来年撮るとしたら、これを含めた4枚のモザイク撮影をして、汚さをごまかそうかと思います(笑)。

☆ この夏のまとめ(M8M20)
20160709_M8M20_20160912
前回は飛行機の光路が消せなくて泣く泣く2枚捨てたのですが、その2枚も含めて16枚をコンポジットして最初から処理しました。前回飛行機光路を消せなかったのは、CCDStack2の処理の仕方を間違えたためでした。
これは空の状態がとても良い中撮れました。そのため、画像をフラットにしやすく、処理がとても楽でした(何度もやり直しはしていますが)。M8の微妙なうねうねや、M20のピンクと青の星雲境界付近のグラデーションがうまく表現できました。また全体的に透明感が出せたかと思います。
これは自分として良く撮れたと思うので、来年はこの東側(左側)の猫の手星雲を撮ってモザイク処理してみたいです。

改めて解ったこととしては
やはり露光時間が重要である。最低でも2時間以上の時間をかけたいですね。それには安定した天気が必要ですが。
何より空の状態が重要である。低空の対象は街灯りの影響を受けやすいのでなおさらです。前回アップしたM7はメタメタでしたから。日本は明るいですね・・・。


               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。

天体写真 | コメント:6 | トラックバック:0 |

なめてかかったM7

皆さんこんばんは。

昨日鎌倉は台風9号の影響で激しい雨が降りました。幸い自宅周辺は被害がありませんでしたが、被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。

さて、今日はダメダメ写真の紹介です。

8月5日の太郎坊での撮影です。この日、最初は望遠鏡を南の低空に向けていました。M6とM7の撮影のためです。この日のメインは白鳥座やらせん星雲、サドル付近の散光星雲だったので、つなぎの意味もあって散開星団を狙いました。比較的簡単に写るだろうと思ってのことです。

☆ M7
20160805_M7
ざらっざらです。ざらっざら。天の川の真っただ中ですが、その天の川が全く美しくありません。M7の星団も美しくありません。それもそのはず露光時間はたったの45分。なめすぎました。M6はさらにひどく、相当あがいてみたのですがお見せできないほどの出来です。いくら処理がんばってもダメでした。なんでだろうと思っていましたが、やっと自分でも理解しました。

この日は南の空が明るく、いつも撮っているISO3200&5分では完全に飽和。ISO1600に落としてもヒストグラムの3/4の位置にピークが来るほど明るい空でした。いつものISO3200と中間にヒストグラムのピークがくるように減感すると、なんとISO640相当。普段のISO3200だとたった1分の露光時間に相当していました。つまり、宇宙の光よりも街の灯りばかりを拾っていたのです。加えて45分の総露出時間。普段のISO3200に換算するとなんと9分!

そりゃ写らんわ。

低い位置の天体は空の状態に左右されやすいですね。これは来年に持ち越しです。M6も。


【撮影データ】
 撮影日   :2016年8月5日
 撮影場所 :太郎坊駐車場
 気温    :18℃
 カメラ    :Nikon D810A
 レンズ   :FS128+REDUCER(焦点距離:700mm)
 ISO     :1600
 シャッター :300s×9枚(初代アトラクス+M-GEN)
 レタッチ  :RAP2(ダーク、フラット処理)
         CCDStack2(コンポジット処理)
         PixInsight(現像処理)
         Photoshop CC(色調調整、コントラスト調整)


               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。
天体写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

hχの二重星団と分子雲

皆さんこんばんは。

日本各地に台風が接近中ですね。気を付けてください。それにしても急に多くの台風が発生するようになりましたね・・・。

本日紹介するのは、前回と同じタイミングで撮った望遠鏡によるhχの二重星団です。前にもお試しで撮ったことがあるのですが、今回はちょっと気合を入れました。
二重星団はその星団だけでも十分に美しいのですが、実は星団の周辺に分子雲が漂っているのです。海外で撮られた写真には赤い散光星雲っぽいのも写ったりして、自分でも試してみる価値十分です。

☆ hχの二重星団
20160730_hχ20160821
例によって、ブンシウンブンシウンと呪文を唱えたのですがなかなかの難物。それでも若干分子雲が浮かび上がった(ような)気がします。またほんのり赤いような気もしないわけではないですが、気合を入れて炙るとザッラザラになるので気合を抜きました。ガッツリ分子雲をあぶりだすにはおそらく6時間以上の露光が必要な感じを受けました。さて再挑戦するかな・・・。
hχの二重星団は生まれたての星団で青白い色ですが、一部にオレンジ色の星もあり、星の色がうまく乗るととても綺麗です。

【撮影データ】
 撮影日   :2016年7月30日
 撮影場所 :太郎坊駐車場
 気温    :16℃
 カメラ    :Nikon D810A
 レンズ   :FS128+REDUCER(焦点距離:700mm)
 ISO     :3200
 シャッター :300s×18枚(初代アトラクス+M-GEN)
 レタッチ  :RAP2(ダーク、フラット処理)
         CCDStack2(コンポジット処理)
         PixInsight(現像処理)
         Photoshop CC(色調調整、コントラスト調整)

               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。


星景(湘南) | コメント:4 | トラックバック:0 |

季節先取り hχから二つの散光星雲

皆さんこんばんは。

最近の関東はすっきりした天気になりません。晴れても湿度が高く非常にムシムシします。新月期にはスカッと晴れてほしいものです。

7月30日に撮った季節先取り写真です。ペルセウス座のhχからハート星雲(私にとっては源氏パイ星雲)と胎児星雲です。
この対象は昨年末にも撮っていますが、今回敢えて再挑戦し、処理も含めてどのように変わったかを見てみました。
※失敗写真は別の機会に紹介します。

☆ hχからハート星雲と胎児星雲
hχからハート星雲(私にとっては源氏パイ星雲)と胎児星雲
昨年の写真と比較すると彩度が上がっています。上がってもそれほ派手派手にはせず、星雲の色はもちろんですが、恒星の色もしっかり出るようになったかと思っています。特に二重星団周辺のオレンジ色の恒星の色に気を使いました。
昨年の写真は原版が光害のカブリが酷かったのですが、今回はそうでもありませんでした。空の状態が良かったのでしょう。それでも傾斜補正をガンガンかましてなるべくフラットになるようにしています。分子雲を浮かび上がらせたかったのですが、なかなかの強敵で願いはかないませんでした。心眼で見ると見えるかもしれません(笑)。
なお、この写真は下が北の方角になります。上を北になるようにするか迷ったのですが、実際に見ている感覚を踏まえました。

【撮影データ】
 撮影日   :2016年7月30日
 撮影場所 :太郎坊駐車場
 気温    :16℃
 カメラ    :Nikon D810A
 レンズ   :Ais180ED F2.8(f5.6)
 ISO     :3200
 シャッター :300s×15枚(初代アトラクス+M-GEN)
 レタッチ  :RAP2(ダーク、フラット処理)
         CCDStack2(コンポジット処理)
         PixInsight(現像処理)
         Photoshop CC(色調調整、コントラスト調整)


               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。

天体写真 | コメント:4 | トラックバック:0 |

白鳥座リベンジ

皆さんこんばんは。

台風7号の影響で、今鎌倉は大雨が降っています。大きな被害が出ないと良いのですが。

前回らせん星雲を撮っている間、もう一台で白鳥座を撮っていました。先月初めに撮っていたのですが、構図が決めきれずに撮ってしまい後悔していた対象です。

☆ 白鳥座(リベンジ)
20160805_白鳥ブログ
構図はしっかりと天の川対角。しかも今回はたっぷり1時間30分の露光時間です。前回では北アメリカ星雲の東側の輝度が落ち込んでいたのですが、今回はしっかりと残すことができました。やはり露光時間をかけると、仕上げも自然になり良いことづくめです。
それにしても、デネブからサドル付近の散光星雲の広がりは惚れ惚れしますね。これを望遠鏡でちまちま撮っても楽しそうです。
実はこの写真、撮影時イメージセンサの上に小さなごみが乗っていました。撮影後にわかったので後の祭り。そのごみが移動しないように注意しながらフラット撮影を行い、そのフラット画像を用いてごみの影響を除いています。

【撮影データ】
 撮影日   :2016年8月5日
 撮影場所 :太郎坊駐車場
 カメラ    :Nikon D810A
 レンズ   :SIGMA 50mm DG Art (f4.0)
 ISO     :1600
 シャッター :300s×18枚(初代アトラクス+M-GEN)
 レタッチ  :RAP2(ダーク、フラット処理)
         CCDStack2(コンポジット処理)
         PixInsight(現像処理)
         Photoshop CC(色調調整、コントラスト調整)

               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。
天体写真 | コメント:6 | トラックバック:0 |

らせん星雲

皆さんこんばんは。

金曜の夜はペルセウス流星群の極大日でしたが、鎌倉では22時ころから雲が張り始め、結局見ることはできませんでした。曇る前までは期待させる空だったのですが、う~ん、天気は難しいですね。

今日も8月5日に撮った写真の紹介です。

☆ らせん星雲
20160804_らせん
みずがめ座にある美しい惑星状星雲です。星が最期を迎えて周囲にガスをまき散らしている様子です。惑星状星雲としては最大級(最大としては別にあるらしい)の大きさで、写真にも写りやすい対象です。
この写真も前回同様にフラットが合わず、手作業でのフラット作業を繰り返しました。どうしても合わない部分があるのと、画面全体で表現する対象ではないので、南北方向にトリミングしています。使用している望遠鏡の焦点距離(1040mm)相当にしています。ちなみに写真上が北になります。
処理には結構気を使っています。左上に見える腕が残るよう、また、らせんと言うか渦巻というか丸い構造がつぶれないように輝度を調整しながら、中心部の色が自然になるようにとか・・・。自分では仕上がりに満足しています。
このらせん星雲、中心部の青いところに彗星状の構造が見られることで知られていますが、上記に加えてその彗星状の構造を出すことにも気を使いました。結果は、

☆ らせん星雲(等倍)
20160804_らせん_等倍
う~ん、微妙。うまく出すにはもっと大きな口径の望遠鏡が必要でしょうか?
しかし処理をしているうちに、小さい小さい銀河系星雲があることに気が付きました。一部はFBで投稿した際に教えていただいたのですが、写真には5つの銀河系星雲が写っています。距離まではわかりませんが、おそらく億光年単位。ちょっとだけハッブル宇宙望遠鏡を覗いている気分になりました。

【撮影データ】
 撮影日   :2016年8月5日
 撮影場所 :太郎坊駐車場
 気温    :18℃
 カメラ    :Nikon D810A
 レンズ   :FS128+REDUCER(焦点距離:700mm)
         ※1040mm相当にトリミング
 ISO     :3200
 シャッター :300s×24枚(初代アトラクス+M-GEN)
 レタッチ  :RAP2(ダーク、フラット処理)
         CCDStack2(コンポジット処理)
         PixInsight(現像処理)
         Photoshop CC(色調調整、コントラスト調整)


               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。

天体写真 | コメント:6 | トラックバック:0 |

サドル付近の散光星雲

皆さんこんばんは。
明日はペルセウス流星群の極大日ですね。今、鎌倉は曇りですが明日は晴れてほしいですね。

先週の金曜日に呪文「ゴゴハンキュウ」を唱えて太郎坊に飛んでいきました。始めはモヤっぽく天の川も判り難い空でしたが、だんだんと透明度が増してきました。それでもすっきり!とした空にはなりませんでした。

そんな中撮った一枚が白鳥座γ星(サドル)付近の散光星雲です。

☆ サドル付近の散光星雲
20160804_サドル
写真右側が北になります。
写真下の明るい星がサドルです。地球から約1800光年の距離にあるそうですが、それでも2等星で輝いており、かなり明るい恒星です。
このサドル付近は赤い散光星雲が豊富で、撮るに飽きない領域です。とは言っても初めて撮りました(笑)。赤い星雲以外にも淡い星雲もかなりの領域を占めています。それらの淡さを残すように処理をしました。
なお、この日の撮影では明け方に撮ったフラットが合わず、結局手作業でもフラット処理をしています。平均化するのにすごい時間がかかりました。モヤっぽい空の影響でしょうか???


【撮影データ】
 撮影日   :2016年8月5日
 撮影場所 :太郎坊駐車場
 気温    :18℃
 カメラ    :Nikon D810A
 レンズ   :FS128+REDUCER(焦点距離:700mm)
 ISO     :3200
 シャッター :300s×18枚(初代アトラクス+M-GEN)
 レタッチ  :RAP2(ダーク、フラット処理)
         CCDStack2(コンポジット処理)
         PixInsight(現像処理)
         Photoshop CC(色調調整、コントラスト調整)


               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。
天体写真 | コメント:6 | トラックバック:0 |

バンビの首飾り

皆さんこんばんは。

前回アップしたバンビの横顔を望遠レンズ(180mm)で撮っているときに、望遠鏡でも同じ対象を撮っていました。焦点距離は700mmとなり、バンビに対してはかなりの拡大になります。フルサイズでも全景は入りません。当初、モザイク撮影でバンビ全景にしようかと思ったのですが、まだ一枚撮りの基本を勉強中の身なので、欲張らずに首飾りだけを狙いました。

☆ バンビの首飾り
20160730_首飾り
首飾りは赤い散光星雲と青い反射星雲で成り立っています。淡いです。無理して強調しようとすると周りの天の川がくどくなるし、首飾りだけを強調しようとするとアンバランスになってしまいます。難しいです。
また、バンビちゃんの青い星も色を注意しました。若干マゼンダっぽいかなぁ・・・。それでも青い星とところどころに点在するオレンジの星がうまく表現できたかと思います。
あと、目の周り、緑っぽいんですよねぇ。他の方の写真も同じなのでこれで良いのかと思うのですが、宇宙に緑色の空間ってあるかなぁ?とちょっと疑ってみたりもしています。

撮影日   :2016年7月30日
 撮影場所 :太郎坊駐車場
 気温    :16℃
 カメラ    :Nikon D810A
 レンズ   :FS128+REDUCER(焦点距離:700mm)
 ISO     :3200
 シャッター :300s×16枚(初代アトラクス+M-GEN)
 レタッチ  :RAP2(ダーク、フラット処理)
         CCDStack2(コンポジット処理)
         PixInsight(現像処理)
         Photoshop CC(色調調整、コントラスト調整)


               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。



天体写真 | コメント:4 | トラックバック:0 |

バンビの横顔

皆さんこんばんは。

先週の土日の画像を一部処理しました。
先週の土日は太郎坊で撮影をしましたが、夜空の星狩りのYOCCHANさんと初めてお話しすることができました。YOCCHANさんの鏡筒はまさに巨大な筒で、圧倒的な存在感を示していました。その鏡筒で見たM16は圧巻でした。

そんな巨大な筒の横で、私は小さな筒でちまちまと撮っていました。

☆ バンビの横顔
20160731バンビ
銀河中心方向を180mmの望遠レンズで撮りました。バンビの横顔とその周辺のメシエ天体が入るようにフレーミングしています。微恒星を抑えようかと思いましたが、今回もそのまま残しました。盛大に微恒星です。
バンビの横顔はまさに微恒星の集まりなので、その青いキラキラが失われないようにかつ、メシエ天体が完全に飽和しないように処理しました。やや飽和気味ですが。
バンビのお目目の周りの赤っぽいのも表現できました。


【撮影データ】
 撮影日   :2016年7月30日
 撮影場所 :太郎坊駐車場
 気温    :16℃
 カメラ    :Nikon D810A
 レンズ   :Ais180ED F2.8(f5.6)
 ISO     :3200
 シャッター :300s×16枚(初代アトラクス+M-GEN)
 レタッチ  :RAP2(ダーク、フラット処理)
         CCDStack2(コンポジット処理)
         PixInsight(現像処理)
         Photoshop CC(色調調整、コントラスト調整)

               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。

星景(湘南) | コメント:4 | トラックバック:0 |

ケフェウス座

皆さんこんばんは。

7月9日に撮影した一枚をアップするのをすっかり忘れていました。

☆ ケフェウス座
20160709_ケフェウス
北アメリカ星雲と同時に撮影しました。2時間20分のたっぷり露光です。処理してビックリ! ブンシウンブンシウンと呪文を唱えながらちょいちょい弄ると、分子雲が浮かび上がってきました。時間かけると出るんですね。
この付近は散光星雲がたくさんあります。これからの季節、直焦で狙うと楽しい領域です。今まで狙ったことが無いので、今年は頑張って撮ってみたいと思います。

【撮影データ】
 撮影日   :2016年7月9日
 撮影場所 :須走口駐車場
 気温    :10→9℃
 カメラ    :Nikon D810A
 レンズ   :SIGMA 50mm DG Art (f4.0)
 ISO     :2000
 シャッター :300s×28枚(初代アトラクス+M-GEN)
 レタッチ  :RAP2(ダーク、フラット処理)
         CCDStack2(コンポジット処理)
         PixInsight(現像処理)
         Photoshop CC(色調調整、コントラスト調整)

               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。
天体写真 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>