湘南の星空

~ 湘南から星のある風景を ~

Nikonの天体写真専用カメラ

皆さんこんばんは。お久しぶりです。
仕事が超忙しい状態が続いています。星見したいです(涙)。

つい先日、Nikonから天体写真専用の一眼デジが発表されました。D810Aです。何が天体写真専用かと言うと
1.Hα波長領域を写り易くしている
2.長時間露光に対応したシャッタースピード設定
等です。

Hαは、例えばオリオン大星雲や馬頭星雲等に見られるような赤い星雲が出す波長領域です。その波長領域を写りやすくしたので、つまり、赤い星雲が写り易くなっています。自分が持っているD800では淡くしか写らないため、画像処理の段階でいろいろ工夫をしていました。実際に触ってみないとわからないですが、D810Aではその工夫が少なくて済むかもしれません。また、露光時間も比較的短くて済むのかもしれません。
これまで天体写真専用のカメラはCanonから出ていましたが、Nikonからは出ておらず、Nikonユーザーとしてちょっと寂しい悔しい思いをしていました。やっとNikonも出してくれたのかと思うと、期待に胸が膨らみます。

発売は5月下旬。価格は・・・40万円近く。あ”-高い! 天体写真専用のカメラにそれほど需要があるとは思えないため、安くはならないのでしょうね・・・。
二台目のデジカメがほしいと思っていたところへの朗報でしたが、懐とヨメさんへの相談(お願い?)が必要です(笑)。
でもホント欲しいですねぇ。


                ランキングに参加しています
                   にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
                   にほんブログ村
              皆様の応援ありがとうございます。
機材 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |