湘南の星空

~ 湘南から星のある風景を ~

SIGMA 135mm F1.8 DG HSMのテスト撮影

皆さんこんばんは。

先日購入した「SIGMA 135mm F1.8 DG HSM」を星を使ってテスト撮影しました。その結果を紹介したいと思います。
【撮影条件】
カメラ:D810A
対象 :北極星周辺
ガイド:無し
ピント:マニュアルフォーカス、ライブビューで合わせました。バーティノフマスクは不使用。
露光 :5s固定
絞り :f1.8~f4.0
ISO  :800~3200
    ※すべての画像で同じ明るさになるよう、絞りとISOを調整しています。

【処理条件】
ソフト:LightRoom、Photoshop CC
シャープ処理やノイズ処理、色収差補正は一切行っていません。
135mmF18

135mmF20

135mmF28

135mmF40

また左下の画像を各f値で比較してみました。左下比較
f1.8やf2.0ではやや星像が伸びますが(重箱の隅レベル)、それでもこの星像は脅威です。開放に近いほど画像が暗くなるのは周辺減光の影響です。

テストしてみての感想を書くと、非常に性能が高いレンズです。f1.8開放の周辺部でも星像は点に近いです(粗探しするとすれば輝星が肥大傾向でしょうか)が、星撮りでは開放では撮ることはまずないと思いますので、開放での星像はあまり気にしなくとも良いかと思います。
ただ、気になる点が無いわけでもないです。
1.合焦位置が非常に狭い
  APO SONNARと比較するとピントリングの回転角度が狭いです。その分、少し動かしただけでピントがずれます。かなりシビアです。
2.開放付近では青ハロが出る
  これもf2.8まで絞れば解消するみたいです。
3.前玉が重い
  レンズの前玉が重いので、天体撮影ではレンズを抑えるリングがあった方が良いです。

とは言っても、結構高性能なレンズです。新月期にたっぷり露光をかけて撮ってみたいですね。

               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。


機材 | コメント:4 | トラックバック:0 |

SIGMA 135mm F1.8 DG HSMを購入しました

皆さんこんばんは。
皆さんお久しぶりです。生きています。仕事が忙しくて撮影はもちろん画像処理もできない日々です。

突然ですが、タイトルにもある通り SIGMA 135mm F1.8 DG HSM を購入しました。APO SONNAR 135mmにするか散々迷いましたが、前に買った 50mm F1.4 DG HSM が星撮りにとても良かったのでSIGMAにしました。

SIGMAのサイトに掲載されたMTF曲線から、SIGMA 135mm F1.8 DG HSMの性能は相当高そうですが、実際に撮ってみないとわからないところもあります。気になる方も多いかと思い、解像度の確認をした結果を紹介したいと思います。 本来なら星でテスト撮影したいのですが、今夜は天気が悪いので風景でのテスト撮影となりました。
カメラはD810A(フルサイズ)、三脚固定&レリーズ撮影です。中央部分と右下部分をF値を変えて比較しました。また、画像は等倍です。撮影対象は約400m離れた木々になります。ピントはオートフォーカスで合わせています。また画像処理ではシャープ処理やノイズ処理は一切しておりません。

☆ 解像度テスト(中央部分)
☆ f1.8(開放)
F18_中央

☆ f2.0
F20_中央

☆ f2.5
F25_中央

☆ f2.8
F28_中央

☆ f4.0
F40_中央
開放ではさすがに解像感がやや下がりますが、それでもかなり結像しているのではないでしょうか。
続いて右下部分。ちなみに右下ぎりぎりはやや手前になる桜になります。もう少し考えてフレーミングすれば良かった・・・。

☆ 解像度テスト(右下部分)
☆ f1.8(開放)
F18_右下

☆ f2.0
F20_右下

☆ f2.5
F25_右下

☆ f2.8
F28_右下

☆ f4.0
F40_右下
f2.8からは葉や木の枝がくっきりしてきます。f4.0にしてもあまり変わらない感じです。f2.8に絞れば周辺部も十分使えそうな気がします。ただ周辺減光は判りませんので、やはり、実際に星を撮ってみないと判らないところもありますね。

テストだけでは面白くないので、最後に桜の写真で締めたいと思います。全て開放で撮っています。

81L_1729

81L_1734

81L_1731

81L_1735


               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。
機材 | コメント:4 | トラックバック:0 |

新体制

皆さんこんばんは。

先日D800と AF-S NIKKOR 50mm f/1.4Gとお別れしましたが、新しいメンバーが加わりました。

☆ D810A二台体制
D810A_2
D800の代わりにD810Aをもう一台購入しました。賛否両論ありますが、やはりD810Aの散光星雲の写りは格別で、この味を知ってしまいD800に戻れなくなってしまったのです。一般撮影でもそれほど不自然な写りにはならないし、一つの「味」として使えると思っています。
一台は望遠鏡に取り付けて直焦撮影とし、もう一台はカメラレンズで撮っていく予定です。
実は、D810A二台目ではなく冷却CCDの購入も一瞬頭によぎりましたが、新たにそろえるとなると100諭吉以上の出費になるので手は出せませんでした。それでもD810A二台体制は贅沢ですね・・・。
写真の腕はまだまだですが、これを機に頑張っていきたいと思っています。

☆ SIGMA 50mm F1.4 DG HSM
SIGMA50
標準レンズも変えました。これからはAF-S NIKKOR 50mm f/1.4Gに代わってSIGMA 50mm F1.4 DG HSMで星座を撮ります。
前に使っていたAF-S NIKKOR 50mm f/1.4Gは、中心部に赤ハロが出やすい傾向があり画像処理で苦労していました。5.6に絞ってもハロが出ていて、だんだんと星撮りにはあまり使わなくなっていました。
SIGMA 50mm F1.4 DG HSMは前々から評判の高いレンズでしたので、いつかは欲しいなぁと思っていたのです。先日、そのレンズで友人が撮った素晴らしい天の川に驚愕し、購入を決めました。

今度の新月期でデビュー予定。晴れてほしいです。


               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。

機材 | コメント:8 | トラックバック:0 |

今までありがとう

皆さんこんばんは。
今夜は良い天気です。夜半前に昇る月が無ければ遠征に出かけたところですが・・・。

初めて買ったデジカメはNikonのD800でした。CP+で見た時に、フィルムを凌駕した細密な描写に驚愕し購入しました。2012年4月1日のことです。
当時持っていたカメラはフィルムの機材。しかもすべてマニュアルの機材だったので、オートフォーカスのレンズなどをそろえると相当の出費になることが判っていました。ヨメさんに許可をもらったものの非常に高い買い物になるので、1時間ほどカメラコーナーの前でウロウロしたのを覚えています(笑)。

使い始めは初めてのオートフォーカスに戸惑いながらも、家族を主に撮っていました。その夏思い付きで海で撮った天の川が、天体写真再開のきっかけでした(とは言ってもそこから半年以上星は撮らなかった)。

☆ 初めて撮った天の川
湘南の天の川
右も左も判らず適当に撮った天の川です。いや~、ノイズ酷いですね(笑)。

昨年D810Aを買うまではこのカメラ一台で星を追いかけていました。富士山の五合目やしらびその遠征も一緒でした。カメラバッグにしまうときは、傷がつかないようマイクロファイバークロスでくるんでいました(今でもほぼ無傷です)。
しかし、この思い出のカメラとお別れすることにしました。書いててちょっと涙が出そうです(笑)。

☆ D800
D800
また、D800に付いていてる AF-S NIKKOR 50mm f/1.4Gも旅立ちます。

今までたくさんの思い出をありがとう。私の手を離れても素敵な絵を撮り続けてほしいです。


               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。
機材 | コメント:0 | トラックバック:0 |

カメラマウントへのフィルター取付け

皆さんこんばんは。久しぶりにアップします。

前の記事ではM31をBaader(バーダー)社のH-α7で撮ったことを書きましたが、今夜は撮影の際のフィルターについて紹介したいと思います。
現在の撮影機材は
FS-128(望遠鏡)+REDUCER(FC-35)
これにカメラを接続するには
CAリング130+カメラマウント
が必要です。カメラマウントは内径48mmのネジが切ってあり、フィルターを取り付けることができます。
しかし、この「REDUCER(FC-35)+CAリング130+カメラマウント」の組み合わせで単純にフィルターを付けると、CAリング130の高さが無いために、フィルター枠がREDUCER(FC-35)のレンズに当りそうなのです(と言うかほぼほぼ当たる)。これではREDUCER(FC-35)のレンズに傷がついてしまう。ナローバンドでの撮影ができないかと半ば諦めていたのですが・・・。
要はフィルター枠を用いずにフィルターを固定できればいいのです。と考えているうちに思いついてしまいました。

※ここで紹介する内容を参考にされる場合、自己責任でお願いいたします。特にフィルター枠から外したりする際にフィルター自身を傷つけてしまうリスクがあります。

☆ フィルター外し
Hαカメラマウント組込1
まずはフィルターを枠から外します。私は写真左上のカメラ用のコンパスを用いてフィルター押さえ(写真下)を外しました。フィルター押さえを外す際にフィルターを傷つけないようにするためには、やはりカメラ用のコンパスがあると(ちょっとだけ)安心です。

☆ フィルター押えはまた使います
Hαカメラマウント組込2
フィルター枠に斜めにかけたのがフィルター押え。これは後で使います。細いですので曲げたりしないように注意しましょう。

☆ カメラマウントにフィルターを入れる
Hαカメラマウント組込3
カメラマウントにフィルターを入れます。ぴったりはまります。自分の顔の一部が映り(写り)ました(笑)。

☆ カメラマウントにフィルター抑えでフィルターを固定
Hαカメラマウント組込4
タイトル通りです。最初は手で回し、最終的にはカメラ用コンパスで回してカメラマウントにフィルターを固定します。

☆ こんな感じその1
Hαカメラマウント組込5
望遠鏡に取り付ける方から見たフィルター取付け後のカメラマウントです。

☆ こんな感じその2
Hαカメラマウント組込6
カメラ取付け側から見たフィルター取付け後のカメラマウントです。

これでフィルター枠のでっぱりも無くなるので、上で書いた光学系でフィルター付きの撮影が可能となります。これができてしまうと、他のナローバンドフィルター(OⅢ、SⅡ)もやってみたくなりますねぇ。

さて、明日は天気が良いようです。月もあるので遠征はせず、家でのHα撮影をしようかなと思います。M33撮れるかな?


               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。
機材 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>