湘南の星空

~ 湘南から星のある風景を ~

コンデジでの星空撮影その2

皆さんこんばんは。
ネタが無くてすいません。今回は昨日撮った写真で誤魔化します(笑)。

コンデジでの星空撮影その2として、南の星空の紹介です。
昨日紹介した写真については、ノイズが出るぎりぎりまでトーンカーブをいじれば良かったかもしれません。今日の写真はノイズがやや乗っています。やはりコンデジでの限界のような気がしますが、かと言って全く写らない訳でもないので、コンデジも善戦しているのでは? と思ってしまいます。

☆ 秋の南の星空
20140914_南の空
秋の夜空は明るい星が少ないので寂しい感じがします。虫の音も寂しさを増しているような・・・。これだけでは解り難いので、星座の線を入れていましょう。

☆ 秋の南の星空2
20140914_南の空A
星座の線を入れてみると、う~ん、こんな感じです。

【撮影データ】
 撮影日   :2014年9月14日
 撮影場所  :自宅前
 カメラ    :Nikon COOLPIX S8200
 レンズ    :4.5mm(35mmカメラ換算で25mm相当)
 WB      :オート
 ISO      :800
 露出補正  :+2.0
 絞り     :f3.3
 シャッター :2s×4(4枚加算平均合成)
 レタッチ   :Nikon Capture NX2,Photoshop CC

                ランキングに参加しています
                   にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
                   にほんブログ村
              皆様の応援ありがとうございます。

撮影方法 | コメント:0 | トラックバック:0 |

コンデジでの星空撮影

皆さんこんばんは。
天候が思わしくない日が続いたのと、いろいろ忙しかったの重なり久しぶりの更新です。

コンデジで星空撮影しても、上手く写せるのだろうか? と前から疑問に思っていました。今日の天気は、晴れはしても雲が時々流れる状態だったので、自宅前で試してみました。

☆ 使用コンデジ
COOLPIX S8200
使用したコンデジは Nikon COOLPIX S8200 です。ピント調整もシャッターも絞りも全てオート。はたして写るのか?

☆ 秋の星座1
20140913_ペガススA
狙ったのは秋の星座。ペガスス座からアンドロメダ座を狙いました。アンドロメダ座の一部が切れてしまいましたが・・・。
カメラの設定は以下にしています。また、三脚を使用しています。
撮影モード    :夜景モード
焦点距離     :4.5mm(35mmカメラ換算で25mm相当)
ISO         :800
露出補正     :+2.0
ホワイトバランス :オート
セルフタイマー  :2.0s

このカメラはISO3200まで上げられるのですが、そこまで上げるとノイズがバリバリ入って写真になりませんでした。そこで800まで落として撮りました。ISOを800まで落としたので、露出時間または絞りを開く方向しカメラを仕向けようと、露出補正を+2.0に設定しました。
セルフタイマーを用いたのは手振れを防ぐため。シャッターを押した瞬間はどうしても手振れが発生するので、それを抑える目的で使用しています。

撮ってみての感想ですが、いや~、意外と写るものなんですね。カメラでピント合わせができるのかな?と思っていたのですが、全く問題無し。
シャッタースピードは2秒。こんなに短くて大丈夫か?と思ったのですが、モニタを見るとところどころに白い点々が。ペガススの四辺形をみて、写っていると判断しました。

ただ、補正をかけなければあまりにも暗い写真だったので、Nikon Capture NX2,Photoshop で画像処理をしています。トーンカーブを上げるとやはりノイズが目立っていきます。こうなることは予想できたので、ノイズ軽減する目的で同じ構図で6枚写真を撮っていました。

☆ 秋の星座2
20140913_ペガスス
6枚の写真を加算平均合成して仕上げました。日周運動による星のずれは、写真位置の微調整で軽減しています。
1枚目の写真と比較して、ノイズが大分減っています。何とか見れる写真にはなった気がします。

☆ 秋の星座3
20140913_ペガススB
2枚目の写真に星座の線を書き入れました。もうちょっと下に星をずらせばよかったのですね。
アンドロメダ座に楕円で囲んだ部分があります。ここにアンドロメダ大星雲(M31)があるのですが、全く写ってくれませんでした。

ちなみに、Nikon View NX2で写真を確認すると、絞り:f3.3、シャッタースピード:2秒と撮影時の情報が表示されました。撮影時は全く分からなかった情報です。撮影時、カメラ側に写真の設定(結果)くらい表示してほしいなぁと思います。

【撮影データ】
【2枚目以降】
 撮影日   :2014年9月14日
 撮影場所  :自宅前
 カメラ    :Nikon COOLPIX S8200
 レンズ    :4.5mm(35mmカメラ換算で25mm相当)
 WB      :オート
 ISO      :800
 露出補正  :+2.0
 絞り     :f3.3
 レタッチ   :Nikon Capture NX2,Photoshop CC

【2枚目】
 シャッター :2s
【3枚目】
 シャッター :2s×6(6枚加算平均合成)
【4枚目】
 シャッター :2s×6(6枚加算平均合成)


                ランキングに参加しています
                   にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
                   にほんブログ村
              皆様の応援ありがとうございます。
撮影方法 | コメント:2 | トラックバック:0 |

レンズの絞り

皆さんこんばんは。

今日の夕方は稲村ヶ崎からダイヤモンド富士が見られるはずでした・・・が、天気には勝てず。気象衛星の雲画像を見て、もうちょっと雲が東にずれてくれればなぁ、と思いながら今回のネタを考えていました。

今日は星の写真ではなくレンズの話。半分、自分の備忘録ですけどね。

☆ 東京タワー1
20130903_東京タワー1
写真は昨年の9月3日の写真です。世界貿易センタービルの展望室から撮っています。貿易センタービルではいろいろ条件はありますが、一応三脚での撮影が可能です。
変わった感じの東京タワーですが、撮影日の9月3日は「ドラえもん」の誕生日。それで東京タワーも「ドラえもん」カラーとなっています。鈴まで表現されて面白いです。
で、同じ構図でも、絞りを変えて撮ったのが下の写真。

☆ 東京タワー2
20130903_東京タワー2
さて、違いが判るでしょうか。左下の街灯を見るとすぐわかるのですが、「東京タワー2」の方の街灯が湾曲して写っています。拡大してみましょう。「サジタルコマフレア1」が「東京タワー1」の左下、「サジタルコマフレア2」が「東京タワー2」の左下に相当します。

☆ サジタルコマフレア1
サジタルコマフレア1

☆ サジタルコマフレア2
サジタルコマフレア2
サジタルコマフレアは、レンズの収差の一種で、星のような点光源(この写真では街灯)が鳥の羽を広げたように映ります。特にレンズの中心から離れる、絞りを開放にすると出やすくなります。
この写真の場合、サジタルコマフレアが抑えられた「東京タワー1」はf8.0で、サジタルコマフレアが顕著に出ている「東京タワー2」はf2.0で撮っています。

ということで、星を点で写したいような時は、ある程度絞った方が良いことが解ります。でも絞りすぎも私はあまり好きではありません。と言うのも・・・

☆ 収差1
収差1

☆ 収差2
収差2
収差1の写真は「東京タワー1」の拡大、収差2の写真は「東京タワー2」の拡大になります。
絞りすぎると絞りの羽の影響で、「ツノ」が出やすくなります。なるべく点で写したい場合はこれも邪魔。なので、絞りの最適解を探す必要がありそうです。
また収差1と収差2の写真を見比べると、収差2の方が赤っぽい。よくよく見ると、レンズ収差(この場合は光の波長毎の屈折率の違いによる色収差)により、赤い光が滲んでしまっています。実はこの滲みの影響で「東京タワー2」の街灯りが、同じホワイトバランスにも関わらず全体的に赤っぽくなっています。やはりある程度は絞らないといけないようですね。

「ツノ」が嫌なので絞りたくない、けどサジタルコマフレアや色収差を出したくない・・・、実はそんな悩みを解決してくれるレンズがあります。AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G。レビューを見てもなかなか良いようです。そして値段も良いです。なんと20万円程度 (;゚Д゚) 。欲しいけど高くて高くて。

【撮影データ】
【共通データ】
 撮影日   :2013年9月3日
 撮影場所  :世界貿易センタービル展望台(東京都)
 カメラ    :Nikon D800
 WB     :4500K
 レタッチ   :Nikon Capture NX2,Photoshop CC

【1枚目:東京タワー1】
 レンズ    :AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G (f8.0)
 シャッター :6s
 ISO     :100

【2枚目:東京タワー2】
 レンズ    :AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G (f2.0)
 シャッター :1/2s
 ISO     :100


                ランキングに参加しています
                   にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
                   にほんブログ村
              皆様の応援ありがとうございます。
撮影方法 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |