湘南の星空

~ 湘南から星のある風景を ~

青く光る海と天の川

皆さんこんばんは。

昨夜仕事から帰ると、鎌倉の海で赤潮大量発生のニュースが。これは夜光虫出現のチャ~ンス!
空も晴れているので天の川とのコラボが撮れると思い、由比ガ浜へ車を走らせました。

現地に着いてみたらびっくり! R134は両脇とも路駐の嵐。道が狭くなっている&海を見ながらの走行(?)のため、道は大混雑。加えてGWだしね。
幸い海に近い駐車場に停めることができたので、機材を抱えて海までダッシュしました。

おおお!!! 光ってる光ってる。過去に一度見たことがありますが、ここまで光るのは見たことがありません。時々眩しいほどに輝いたりします。波頭が青く輝き、その青き光が次々と押し寄せます。見ているだけでも満足です。
0時を過ぎたのに、周囲には見物人がたくさんいて、思い思いにシャッターを切っていました。これはいい思い出になるだろうなぁ。

さて、私も波打ち際に機材をセットし撮影開始。

☆ 青く光る海と天の川
20170505_由比ガ浜夜光虫と天の川
天の川はスカイメモでガイド撮影しました。鎌倉の星空はやはり明るく、ISO1600、露出60s、絞り5.6でほぼ適正です。枚数を稼いで、また、処理の時にちょっと魔法を使って炙りだしました。散光星雲やバンビもばっちり写りました。
海の方は60sの長時間露光を平均加算で全体的に青くし、波頭の青を表現するために4s露光を比較明合成で合わせています。狙い通りの写真になりました。

こんなのは滅多に撮れないなぁ。

【撮影データ】
■撮影日 / 撮影場所 / 気温
 2017年5月6日 / 神奈川県鎌倉市由比ガ浜 / 不明
■カメラ / レンズ
 Nikon D810A / AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED (18mm , f5.6)
■ISO / 露光時間
 ◆星空
  1600 / 60s×20枚
 ◆海
  1600 / 60s×6枚
  6400 / 4s×2枚 
■ 赤道儀
 スカイメモRS
■SW
 LightRoom(現像)
 Photoshop CC(色調調整、コントラスト調整等)


               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。


星景(湘南) | コメント:6 | トラックバック:0 |

hχの二重星団と分子雲

皆さんこんばんは。

日本各地に台風が接近中ですね。気を付けてください。それにしても急に多くの台風が発生するようになりましたね・・・。

本日紹介するのは、前回と同じタイミングで撮った望遠鏡によるhχの二重星団です。前にもお試しで撮ったことがあるのですが、今回はちょっと気合を入れました。
二重星団はその星団だけでも十分に美しいのですが、実は星団の周辺に分子雲が漂っているのです。海外で撮られた写真には赤い散光星雲っぽいのも写ったりして、自分でも試してみる価値十分です。

☆ hχの二重星団
20160730_hχ20160821
例によって、ブンシウンブンシウンと呪文を唱えたのですがなかなかの難物。それでも若干分子雲が浮かび上がった(ような)気がします。またほんのり赤いような気もしないわけではないですが、気合を入れて炙るとザッラザラになるので気合を抜きました。ガッツリ分子雲をあぶりだすにはおそらく6時間以上の露光が必要な感じを受けました。さて再挑戦するかな・・・。
hχの二重星団は生まれたての星団で青白い色ですが、一部にオレンジ色の星もあり、星の色がうまく乗るととても綺麗です。

【撮影データ】
 撮影日   :2016年7月30日
 撮影場所 :太郎坊駐車場
 気温    :16℃
 カメラ    :Nikon D810A
 レンズ   :FS128+REDUCER(焦点距離:700mm)
 ISO     :3200
 シャッター :300s×18枚(初代アトラクス+M-GEN)
 レタッチ  :RAP2(ダーク、フラット処理)
         CCDStack2(コンポジット処理)
         PixInsight(現像処理)
         Photoshop CC(色調調整、コントラスト調整)

               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。


星景(湘南) | コメント:4 | トラックバック:0 |

バンビの横顔

皆さんこんばんは。

先週の土日の画像を一部処理しました。
先週の土日は太郎坊で撮影をしましたが、夜空の星狩りのYOCCHANさんと初めてお話しすることができました。YOCCHANさんの鏡筒はまさに巨大な筒で、圧倒的な存在感を示していました。その鏡筒で見たM16は圧巻でした。

そんな巨大な筒の横で、私は小さな筒でちまちまと撮っていました。

☆ バンビの横顔
20160731バンビ
銀河中心方向を180mmの望遠レンズで撮りました。バンビの横顔とその周辺のメシエ天体が入るようにフレーミングしています。微恒星を抑えようかと思いましたが、今回もそのまま残しました。盛大に微恒星です。
バンビの横顔はまさに微恒星の集まりなので、その青いキラキラが失われないようにかつ、メシエ天体が完全に飽和しないように処理しました。やや飽和気味ですが。
バンビのお目目の周りの赤っぽいのも表現できました。


【撮影データ】
 撮影日   :2016年7月30日
 撮影場所 :太郎坊駐車場
 気温    :16℃
 カメラ    :Nikon D810A
 レンズ   :Ais180ED F2.8(f5.6)
 ISO     :3200
 シャッター :300s×16枚(初代アトラクス+M-GEN)
 レタッチ  :RAP2(ダーク、フラット処理)
         CCDStack2(コンポジット処理)
         PixInsight(現像処理)
         Photoshop CC(色調調整、コントラスト調整)

               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。

星景(湘南) | コメント:4 | トラックバック:0 |

湘南の海に立ち上る天の川

皆さんこんばんは。
7月6日は関東近辺で久しぶりの良い天気でした。こういう時に限って出張だったりします(涙)。

その2日前に七里ヶ浜に出かけて天の川を撮ってきました。家から出る際は快晴でしたが、撮影始めるとだんだんと薄雲が出てきて、これまた予定の半部の撮影時間で切り上げました。それでも湘南の海から立ち上る天の川を写すことができました。

☆ 海に立ち上る天の川
20160704_天の川
だいぶカラフルになっていますが、街灯りの影響です。左側は横須賀から鎌倉の街灯り。右側は藤沢方面の街灯りです。積極的には消さずあえて残しました。ただ、海の上の天の川なので、星景写真的にはちょっと寂しい感じもしますね。
ちなみに、七里ヶ浜からでは肉眼で見てもこんなにはっきりと天の川は見えません。あっ、なんとなくモクモクしているなぁって感じです。


【撮影データ】
 撮影日   :2016年7月4日
 撮影場所 :七里ヶ浜駐車場(神奈川県鎌倉市)
 カメラ    :Nikon D810A
 レンズ   :AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G (24mm f4.0)
 ISO     :2000
 シャッター :星 60s×30枚(スカイメモRSガイド)
         海 60s×4枚(固定)
 レタッチ  :RAP2(ダーク減算、フラット処理)
         Photoshop CC(現像処理(CameraRaw)、
         コンポジット処理、色調調整、コントラスト調整)
 その他  :海が黒つぶれしないように明るめに仕上げてます。

               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。
星景(湘南) | コメント:2 | トラックバック:0 |

M81M82周辺も銀河がいっぱい

皆さんこんばんは。
先日のM81M82ネタを引っ張ります。

前回、北斗七星のひしゃくの中の銀河探しをしましたが、撮影の画角は異なるけどM81とM82周辺の銀河はあるのだろうか? と等倍にして銀河探しをしてみました。

☆ M81M82周辺も銀河がいっぱい
20160409_M81M82_銀河がいっぱい
先日アップした写真から彩度などを若干修正しています。
写真の範囲は横が約3°、縦が約2°です。これもナンバーがわかる銀河系星雲は記していますが、わからないのは黄色の矢印で目印を付けました。撮影当日の薄雲の影響で恒星が滲み、銀河系星雲と見分けがつきにくいものがあるのですが、黄色矢印は銀河で合っていると思います。

超ちっちゃい銀河がたくさんありました。

なお、写真右下の白っぽいモアモアは、最初写真ムラだと思っていたのですが、どうやら銀河系内の淡い分子雲だったようです。一度あぶってみたのですが、ノイズが酷いのなんの。とてもお見せできるものではないので、お蔵入りにしました。露光2時間ではとても足りないようです。

また、画像処理をする中で、M81の暗黒帯のメリハリに注意していたのですが、ちょっと変わった暗黒帯があったので、暗黒帯が目立つよう暗部を切り詰め等倍にしてみます。

☆ M81
20160409_M81‗暗黒帯
あらノイズが酷い。やはり露光時間が短いですね。
変わった暗黒帯というのは、同じ色の矢印に挟まれた暗黒帯のこと。銀河の回転とは無関係に伸びているんですよ。
M81は大昔M82やNGC3077と近接し、その影響で互いの銀河の重力の影響を受けたと言われています。この縦の暗黒帯は、その時の名残なのでしょうか?
写真にはM81の参考星雲のピンク色が銀河の腕に沿って点々としています。Hαを家撮りしブレンドしようと思っていたのですが、天候に恵まれず・・・。まぁ、この写真も薄雲の襲来や露光時間の短さでまだまだなので、もう一回撮り直してみたいですねぇ。


               ランキングに参加しています。
                   にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
                   にほんブログ村
             ポチッと皆様の応援をお願いします。
星景(湘南) | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>